02:27 2017年10月23日
東京+ 17°C
モスクワ+ 0°C
    ロシアIT業界、その独自性の秘密とは

    ロシアIT業界、その独自性の秘密とは

    © Sputnik/ Maksim Bogodvid
    オピニオン
    短縮 URL
    徳山 あすか
    0 1546150

    2月末、東京で行われた日露貿易産業対話。「ロシアのIT企業は独自性があり、他国を模倣するのではなく、自分の理念を構築している」三井物産モスクワの目黒祐志社長は、ロシアのIT企業への投資を増やす理由についてこのように述べた。ロシアのIT産業はなぜ競争力があるのだろうか?スプートニクは、ロシアのIT事情に詳しく、ロシアITブロガーとして活躍中の長浜健太氏にお話を伺った。

    長浜氏はロシアのビジネススクールとしては最高ランクの、サンクトぺテルブルク大学経営学部に留学し、ロシアのIT最新事情を把握するため、自力で多くの都市を回った。その中でも注目すべきは、モスクワから東へ800キロ、タタールスタン共和国の首都、カザンだ。長浜氏は「あと五年もすれば、カザンはロシアのIT分野の中心地になるだろう」と見ている。

    ロシアは政府を挙げて、ITベンチャーの成長を促進させようとしている。モスクワには既に国家プロジェクトとして、経済特区「スコルコヴォ」を建設済みだ。ロシアのシリコンバレーとも言われるスコルコヴォには、情報技術や医療分野を初めとする重点分野の企業が入居し、税制優遇などの恩恵を受けている。経済が天然資源に依存しているロシアにとって、企業家を育成しイノベーションを起こすことは悲願でもある。

    スコルコヴォに続き、カザンにもイノベーティブシティ「インノポリス」が建設され、昨年の6月にオープンした。スコルコヴォもそうだが、何もなかったところにポンと新しい街を作る発想はいかにもロシア的だ。この新しい街の中核をなすのはインノポリス大学だ。ここではIT教育が最重要課題となっており、各国から専門家が集められている。学生寮と大学の校舎は暖房つきの廊下でつながれ、靴下のまま移動できる。ミス・タタールスタンのファイナリストでモデルのグゼリ・ムシナさんも、インノポリス大に入学することを発表し大きな話題となった。

    長浜氏によれば、国によるITベンチャー促進とは具体的に言えば、スコルコヴォやインノポリスのような施設=ハコモノを作ることに加え、新しいアイデアやベンチャー企業を邪魔しないということだ。

    長浜氏「国は、アイデアを出すという形では手伝うことはできません。国ができるのは民間のアイデアの『邪魔をしない』ようにすることです。経済特区は国が主導になって管理しているというイメージがありますが、ロシアだからといって規制が多いわけではありません。次第に自由競争を取り入れる波が起きています。例えば日本では規制の強いタクシー業界ですが、ロシアでは既にアメリカ同様のサービスが提供できています。この点では日本よりもロシアの方がITビジネスに対して柔軟だと言えるでしょう。」

    例えば、冒頭の日露貿易産業対話では、ロシアに見られる独自性の例として、タクシーの呼び出しサービスが高く評価された。しかしこれは、日本では規制がかけられているためうまくいっていない。富山県南砺市(なんとし)では、交通の便がよくないため、米ウーバー社の協力の下、相乗りできる車をスマートフォンで呼び出すサービスを導入しようとしていた。しかしタクシー業界の反発が激しく断念することを表明した。福岡市では昨年、やはり米ウーバー社が有償で相乗りの実証実験を行ったが、国土交通省より「道路運送法に抵触する可能性が高い」との指導が入り、サービスの実施は取りやめになった。日本では時として利便性の追求よりも、既存の業界団体の利益の方が重視される傾向にある。

    また、長浜氏が「ロシアITベンチャーの成功の共通点」として挙げるのは、実学への強さだ。ITベンチャーの経営者と言えば一般に若者のイメージが強いが、ロシアの企業家は30代から40代といった、一段階上の年齢層も厚い。そのほとんどが数学や物理学といったサイエンスの分野で博士号を有している。日本の企業家の多くがビジネス・スクールでMBAを取るのに対し、ロシアのIT企業家は、実学のスペシャリストとして自分が積み上げてきたキャリアから、経験に基づいたビジネスをしている。

    長浜氏は「日本企業には、ロシア特有のIT企業を買収して、CIS市場のシェアを取りにいける可能性が大いにある」と、市場としての価値も評価している。

    タグ
    露日関係, 日本, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント