23:40 2018年05月25日
東京+ 21°C
モスクワ+ 18°C
    地域の魅力をアピール「日本の匠・日本の道」モスクワで開催、阿波おどりに熱視線

    地域の魅力をアピール「日本の匠・日本の道」モスクワで開催、阿波おどりに熱視線【写真】

    © 写真 : ©Asuka Tokuyama
    オピニオン
    短縮 URL
    徳山 あすか
    0 61

    3月24日~25日、地域の魅力を発信し日本を体感するイベント「日本の匠・日本の道」がモスクワ市内の大型商業施設で行なわれた。主催は外務省および在ロシア日本国大使館。北海道、山形県、新潟県、鳥取県、山口県、徳島県がブースをかまえ、食品や工芸品を紹介するとともに、文化を通じた観光資源のアピールを行なった。

    スプートニク日本

    文化パフォーマンスの中で最も盛り上がったのは、徳島県の郷土芸能、阿波おどりだ。精鋭の踊り手20名が舞台上でパフォーマンスを披露し、来場者も参加しておどりの輪ができた。阿波おどり振興協会の山田実理事長は、ロシアの観客はノリのいい人が多いと話す。

    阿波おどりを披露
    © 写真 : ©Asuka Tokuyama
    阿波おどりを披露

    山田さん「2016年の夏、モスクワ中心部で行なわれた国際軍楽祭に参加したとき初めてロシアを訪問しました。ロシアに来るのはその時以来です。阿波おどりとは、軽快なテンポ、囃子、カラフルな衣装、着物文化などが全て合わさっているものです。よく外国でパフォーマンスを披露しますが、日本を象徴するようなコスチュームや太鼓、三味線といった和楽器はインパクトが強く、興味をもってくれる人が多いですね。

    今回は、日本・徳島の文化という観点から、イベントの目玉として阿波おどりを紹介する機会を得て、とても嬉しいです。基本的にどこの国に行っても阿波おどりをほめてもらえますが、ロシアでは、ロシア人の民族性なのか、エネルギッシュに踊ってくれたり、一緒に楽しんでくれる人が非常に多いです。ロシアは毎年でも来たい国です」

    自治体のブースには、様々な工芸品や県産品が並んだ。山形県からは本物の桜が運ばれ、遅いモスクワの春を彩った。昨年、ロシアのクラスノダール地方と友好協定を結んだばかりの山口県は、伝統工芸品「大内塗」を紹介した。山口県の大田淳夫国際課長は「このイベントに来る前、クラスノダール地方へ行き、今後の計画について協議してきました。まずは互いをよく知るために、青少年サッカー交流など、スポーツ交流を進めたいと思います」と話している。

    • 山形県の啓翁桜
      山形県の啓翁桜
      © 写真 : (C)Asuka Tokuyama
    • 木でできた造花「木花」職人の技が光る
      木でできた造花「木花」職人の技が光る
      © 写真 : ©Asuka Tokuyama
    • 大内塗の代表的な作品「大内人形」と和風マトリョーシカ
      大内塗の代表的な作品「大内人形」と和風マトリョーシカ
      © 写真 : ©Asuka Tokuyama
    • 山口県の観光名所「元乃隅稲成神社」をイメージした鳥居
      山口県の観光名所「元乃隅稲成神社」をイメージした鳥居
      © 写真 : ©Asuka Tokuyama
    • ロシア語で「ようこそ徳島へ」と書かれている
      ロシア語で「ようこそ徳島へ」と書かれている
      © 写真 : ©Asuka Tokuyama
    1 / 5
    © 写真 : (C)Asuka Tokuyama
    山形県の啓翁桜

    日本食PRの一環として、モスクワで人気の居酒屋風和食レストラン「いちばんぼし」の岸本秀樹シェフによる調理実演が行なわれた。日本食レストランはモスクワ中の至るところにあり、寿司ロールはすでに外食・テイクアウトメニューとして定番化している。

    調理実演を行なう「いちばんぼし」の岸本秀樹さん(右)。寿司ロールはモスクワっ子の大好物
    © 写真 : ©Asuka Tokuyama
    調理実演を行なう「いちばんぼし」の岸本秀樹さん(右)。寿司ロールはモスクワっ子の大好物

    徳島県の海運会社「東海運」は、ロシアビジネスを積極的に推進している。同社の中野浩二さんによれば、ロシア人が重視するのは特定の県産品というよりも、「知名度のある日本産品」であり、味だけではなく、サプリ代わりに鉄分やカルシウムなどが取れる機能性を兼ね備えた食品が好評だという。また、何度も開け閉めできるパッケージなど、ちょっとした利便性、消費者への気遣いも、ロシア人のハートをつかむポイントだ。中野さんは「皆さんが日本に興味をもってくれていると肌で感じました。試食も好評で、今後のビジネスにつながれば」と手ごたえを感じている。

    友人と偶然立ち寄ったという俳優のイワンさんは、「もともと日本文化や習慣に興味をもっていましたが、とても日本に行ってみたくなりました。生の鮭がとてもおいしくて、舌の上でとろけました。日本の食べ物はどれもおいしいですね」と話してくれた。

    タグ
    文化, 観光, 露日関係, 日本, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント