19:14 2020年03月29日
  • フェスティバル「コミック・コン・ロシア2019」の参加者
  • フェスティバル「コミック・コン・ロシア2019」の参加者
  • フェスティバル「コミック・コン・ロシア2019」の参加者
  • フェスティバル「コミック・コン・ロシア2019」の参加者たち
  • フェスティバル「コミック・コン・ロシア2019」の参加者
  • フェスティバル「コミック・コン・ロシア2019」の参加者たち
  • フェスティバル「コミック・コン・ロシア2019」の参加者
  • フェスティバル「コミック・コン・ロシア2019」の参加者たち
  • フェスティバル「コミック・コン・ロシア2019」の参加者
  • フェスティバル「コミック・コン・ロシア2019」の参加者
  • フェスティバル「コミック・コン・ロシア2019」の参加者
  • フェスティバル「コミック・コン・ロシア2019」の参加者
  • フェスティバル「コミック・コン・ロシア2019」の参加者たち
  • フェスティバル「コミック・コン・ロシア2019」の参加者
  • フェスティバル「コミック・コン・ロシア2019」の参加者
  • フェスティバル「コミック・コン・ロシア2019」の参加者
© Sputnik / Eugene Odinokov
フェスティバル「コミック・コン・ロシア2019」の参加者

10月3日から6日にかけてSFや映画、コミック、アニメ、テレビやビデオゲームといったポップカルチャーのイベント「コミック・コン・ロシア」がモスクワで開催された。フェスティバルの多くの来場者たちはさまざまなコスプレで参加することが恒例。参加者たちはイベントのかなり前から準備に余念がなかった。ロシアのコスプレイヤーたちの華やかな衣装を読者のみなさんに紹介します。

フェスティバル「コミック・コン・ロシア」は、日本のゲームデザイナーの小島秀夫氏が参加したゲームの大見本市「イグロミール2019」と共同で開催された。小島氏は、見本市に参加し自身の新しいプロジェクト「Death Stranding」を披露する前に、モスクワ市内を散策し、地下鉄に乗り、ロシアの伝統的な料理に舌鼓を打った。

タグ
ゲーム, 漫画, 文化, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • スクーターで街を走る武漢市民
    アップデート: 2020年03月28日 10:45
    2020年03月28日 10:45

    来月8日、封鎖解除 日常が戻りつつある中国・武漢

    今や世界的大流行(パンデミック)となった新型コロナウイルスの震源地、中国湖北省武漢市。今年1月下旬、市当局は感染拡大を防ぐため交通機関を停止し、市民に自宅待機を呼びかけた。しかし、最近は新たな感染者が減少したことから、湖北省当局は来月8日に封鎖の措置を解除することを発表した。

    14
  • 空のガスボンベを運ぶラバ(ネパール・ナムチェバザール)
    アップデート: 2020年03月27日 20:15
    2020年03月27日 20:15

    今週のベストショット 3月21日―3月27日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    20
  • 「家に留まって」(南アフリカ・ケープタウン)
    アップデート: 2020年03月26日 22:15
    2020年03月26日 22:15

    慌てないで、家にいて:街中でみかける呼びかけ

    24日、インド政府が国内全土を封鎖することを発表したことにより、今や世界の全人口の3分の1が外出制限を課される事態となった。また、イタリアでは外出禁止令違反者への罰金を最大で35万円に引き上げるなど、厳しい姿勢がとられている。そんな世界各地で、市民を家に留まらせようと呼びかける看板が多数登場している。

    16
  • 在宅勤務のIT専門家(ハンガリー・ブダペスト)
    アップデート: 2020年03月25日 18:55
    2020年03月25日 18:55

    各国の在宅勤務事情

    新型コロナウイルスの影響をうけ、世界各国では在宅勤務(リモートワーク)を積極的に導入する企業が増えたり、休校となった教育機関ではオンライン授業が採用されたりしている。いつもとは違う環境でそれぞれのタスクをこなす人々の様子をスプートニクでご紹介。

    12