18:15 2020年03月29日
  • 第5戦ロステレコム杯 イタリア代表のレベッカ・ジラルディとフィリッポ・アンブロシーニ組 ペアFP 
  • グランプリファイナル 日本代表の紀平梨花選手 女子シングルFP 
  • 第2戦カナダ大会 金メダルを受賞したカナダ代表のパイパー・ギレス選手とポール・ポワリエ選手
  • 第2戦カナダ大会 ロシア代表のエフゲニア・タラソワ選手とウラジミール・モロゾフ選手 エキシビション 
  • 大きなティディベアを回収するボランティア グランプリファイナル
  • 第5戦ロステレコム杯表彰式 女子シングルでメダルを受賞したロシア代表のエフゲニア・メドベージェワ選手(左)とアレクサンドラ・トルソワ選手(右) 
  • グランプリファイナル アイスダンスで銅メダルを受賞した米国代表のマディソン・ハベル選手とザカリー・ダナヒュー選手 
  • 第5戦ロステレコム杯 ロシア代表のアレクサンドル・サマリン選手 エキシビション 
  • 第5戦ロステレコム杯ポーランド代表のナタリア・カリシェク選手とマクシム・スポディレフ選手 アイスダンスFP 
  • グランプリファイナル ロシア代表のアリョーナ・コストルナヤ選手 女子シングルFP 
  • グランプリファイナル 日本代表の羽生結弦選手 男子シングルFP 
  • グランプリファイナル アイスダンスで銀メダルを受賞した米国代表のマディソン・ホール・チョック選手 
  • グランプリファイナル 中国代表の隋文静選手と韓聰選手 ペアFP 
  • 第5戦ロステレコム杯 米国代表のマライア・ベル選手 女子シングルFP
  • グランプリファイナル フランス代表のガブリエラ・パパダキス選手とギヨーム・シゼロン選手 アイスダンスFP 
  • ロステレコム杯 ドイツ代表のミネルヴァ・ファビアン・ハーゼ選手とノーラン・ジーゲルト選手 ペアSP 
  • グランプリファイナル フランス代表のガブリエラ・パパダキス選手とギヨーム・シゼロン選手 リズムダンス 
  • 第5戦ロステレコム杯 リトアニア代表のサウリウス・アンブルレヴィチウス選手とアリソン・リン・リード選手 リズムダンス 
  • 第5戦ロステレコム杯表彰式 金メダルを獲得したロシア代表のアレクサンドラ・ボイコワ選手とドミトリー・コズロフスキー選手 
  • 第5戦ロステレコム杯 日本代表の宇野昌磨選手 男子シングルSP 
  • 第5戦ロステレコム杯 ロシア代表のアナスタシヤ・スコプツォワ選手とキリル・アリョーシン選手 リズムダンス 
  • グランプリファイナル ロシア代表のアリーナ・ザギトワ選手 女子シングルFP 
  • 第5戦ロステレコム杯 フランス代表のアデリン・ガリャビエワ選手とルイス・トロン選手 リズムダンス 
  • 第5戦ロステレコム杯 日本代表の宮原知子選手 女子シングルSP 
  • 第5戦ロステレコム杯 宇野選手のコーチ ステファン・ランビエール氏 男子シングルFP演技終了後 
  • 第5戦ロステレコム杯 ロシア代表のエフゲニア・メドベージェワ選手 エキシビション 
  • グランプリファイナル ロシア代表のヴィクトリヤ・シニツィナ選手とニキータ・カツァラポフ選手 アイスダンス公式練習 
  • 第5戦ロステレコム杯 ロシア代表のアレクサンドラ・トルソワ選手のコーチ エテリ・トゥトベリーゼ氏 女子シングルFP演技終了後 
© REUTERS / Evgenia Novozhenina
第5戦ロステレコム杯 イタリア代表のレベッカ・ジラルディとフィリッポ・アンブロシーニ組 ペアFP

12月8日、 ISUグランプリファイナル及び2019/2020 ISUジュニアグランプリファイナルがトリノで開催された。競技のハイライト、優勝をつかんだ選手、色鮮やかなエキシビション他、スプートニクの写真でご覧ください。

シニア女子シングルでは、今季シニアデビューしたロシア代表の3人が表彰台を独占。優勝を飾ったのは世界歴代最高となる合計247.59点を獲得した16歳のアリョーナ・コストルナヤ選手。続いて15歳のアンナ・シェルバコワ選手が240.92点で2位に、同じく15歳のアレクサンドラ・トルソワ選手が233.18点で3位に入った。

シニア男子シングルではアメリカ代表のネイサン・チェン選手が優勝。335.30点を獲得し世界記録を更新した。日本代表の羽生結弦選手は291.43点で2位入賞、フランス代表のケヴィン・エイモズ選手が275.63点で3位入りを果たした。

タグ
写真, フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • スクーターで街を走る武漢市民
    アップデート: 2020年03月28日 10:45
    2020年03月28日 10:45

    来月8日、封鎖解除 日常が戻りつつある中国・武漢

    今や世界的大流行(パンデミック)となった新型コロナウイルスの震源地、中国湖北省武漢市。今年1月下旬、市当局は感染拡大を防ぐため交通機関を停止し、市民に自宅待機を呼びかけた。しかし、最近は新たな感染者が減少したことから、湖北省当局は来月8日に封鎖の措置を解除することを発表した。

    14
  • 空のガスボンベを運ぶラバ(ネパール・ナムチェバザール)
    アップデート: 2020年03月27日 20:15
    2020年03月27日 20:15

    今週のベストショット 3月21日―3月27日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    20
  • 「家に留まって」(南アフリカ・ケープタウン)
    アップデート: 2020年03月26日 22:15
    2020年03月26日 22:15

    慌てないで、家にいて:街中でみかける呼びかけ

    24日、インド政府が国内全土を封鎖することを発表したことにより、今や世界の全人口の3分の1が外出制限を課される事態となった。また、イタリアでは外出禁止令違反者への罰金を最大で35万円に引き上げるなど、厳しい姿勢がとられている。そんな世界各地で、市民を家に留まらせようと呼びかける看板が多数登場している。

    16
  • 在宅勤務のIT専門家(ハンガリー・ブダペスト)
    アップデート: 2020年03月25日 18:55
    2020年03月25日 18:55

    各国の在宅勤務事情

    新型コロナウイルスの影響をうけ、世界各国では在宅勤務(リモートワーク)を積極的に導入する企業が増えたり、休校となった教育機関ではオンライン授業が採用されたりしている。いつもとは違う環境でそれぞれのタスクをこなす人々の様子をスプートニクでご紹介。

    12