09:53 2021年01月24日
  • 空母ロナルド・レーガン (USS Ronald Reagan) とミサイル巡洋艦チャンセラーズビル (USS Chancellorsville, CG-62)の演習
  • ミサイル駆逐艦 ゴンザレス(USS Gonzalez)アデン湾航行中
  • パレード中の中国船Qi Jiguang、甲板の海軍兵士
  • 中国潜水艦ロングマーチ15プロジェクト094
  • 掃海艇「コヴロヴェツ」と「イワン・ゴルベツ」、セヴァストポリにおけるロシア海軍の日の祝賀行事
  • 対潜艦「ウレンゴイ」看板の海軍兵士、クロンシュタットにおけるロシア海軍の日のパレード予行
  • 演習中の英国駆逐艦HMSドラゴンとヘリ「アグスタウェストランドリンクス」
  • 英国上陸用舟艇HMSブルワーク、甲板の海軍兵士
  • 日本のゆうしお型潜水艦
  • 日本の駆逐艦・涼月、甲板の自衛隊員、中国・青島港で
空母ロナルド・レーガン (USS Ronald Reagan) とミサイル巡洋艦チャンセラーズビル (USS Chancellorsville, CG-62)の演習

「ナショナル・インタレスト」誌は世界五大海軍国として米国、中国、ロシア、英国、日本を挙げた。

第1位はアメリカ海軍。同誌特集執筆者はよると米国は世界最大数の船舶を保有している。2位は中国人民解放海軍、3位はロシア海軍だった。ロシア海軍には現在79隻の大型船があり、その内訳は航空母艦1隻、巡洋艦5隻、駆逐艦13隻、潜水艦52隻。4位には英国王立海軍が入った。英国軍の大半がそうであるように、海軍も近年は縮小に直面している。5位は日本の海上自衛隊で114隻を保有する。その大半は駆逐艦で計46隻。一方、日本の保有する潜水艦は16隻で世界トップレベルの数だと「ナショナル・インタレスト」誌はコメントしている。

タグ
日本, 中国, 英国, ロシア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • ロシア・モスクワ州で、ロシア正教の伝統行事「洗礼祭」に参加し川で沐浴をする信者ら
    アップデート: 2021年01月22日 20:23
    2021年01月22日 20:23

    今週のベストショット 1月16日―1月22日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    18
  • スペイン・マドリードの爆発によって外壁が損傷したビル
    アップデート: 2021年01月21日 19:53
    2021年01月21日 19:53

    スペイン・マドリードでの爆発事故 現場の様子

    スペイン首都マドリードで20日、中心部のビルで発生した大規模な爆発事故で、これまでに少なくとも3人が死亡し、10人が負傷した。

    14
  • 「ベスト・オブ・ショー」部門1位入賞作品『The Day of the Tentacles』 Gaetano Dario Gargiulo氏
    アップデート: 2021年01月19日 18:48
    2021年01月19日 18:48

    タコのセルフィ―にマスクまで:水中写真コンテスト受賞作品

    英国主催の水中写真コンテスト「2020 Ocean Art Contest」が開催され、受賞作品が発表された。新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)による渡航制限が続いたにもかかわらず、9回目を迎える同コンテストには、世界中の海で撮影された写真が多数集まった。

    17
  • イタリア・ローマで窓際に座る猫を写真に収める男性
    アップデート: 2021年01月15日 20:20
    2021年01月15日 20:20

    今週のベストショット 1月9日―1月15日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    18