23:54 2020年08月13日
  • 7月26日、中国成都市の米総領事館で、看板を外す作業員
  • 7月27日、中国成都市の米国総領事館前で、中国国旗とプラカードを掲げる男性
  • 7月26日、中国成都市の米国総領事館の向かいの家から中国国旗を垂らす男性
  • 7月25日、中国成都市の米総領事館をバックにセルフィ―(自撮り)をする女性
  • 7月26日、中国成都市の米総領事館前で、親中派のスローガンを叫ぶ市民ら
  • 7月27日、中国成都市の米総領事館前を行進する警察官
  • 7月26日、中国成都市の米総領事館前で、中国共産党のポスターをバックにセルフィ―(自撮り)をする男性
  • 7月27日、中国成都市の米総領事館前で検問を行う警察官
  • 7月26日、中国成都市の米総領事館前に停まる、職員の荷物を積んだバス
  • 7月26日、中国成都市の米総領事館周辺に集まり、写真を撮る市民ら
  • 7月27日、中国成都市の米総領事館周辺に集まり、写真を撮る市民ら
  • 7月27日、中国成都市の米総領事館前に立つ警察官
© REUTERS / Thomas Peter
7月26日、中国成都市の米総領事館で、看板を外す作業員

中国の四川省成都市にある米国総領事館が27日、中国側の要請により閉鎖された。総領事館へ続く道路は全面的に封鎖されるなど厳重な警備体制が敷かれたものの、多くの市民らが集まった。

在成都米国総領事館は1985年の開館以来、四川省や雲南省、チベット自治区、重慶市など中国南西部を管轄していた。

中国外務省は24日、米国政府が在ヒューストン中国総領事館の閉鎖を命じたことへの報復措置として、在成都米国総領事館の閉鎖を要求していた。

閉鎖期限を迎えた27日、外交官らは退去。総領事館の看板は外され、正門前に掲げられていた米国旗は降ろされた。周辺に集まった地元住民らは中国国旗を振ったり、その様子を写真に収めたりしていた。

タグ
米国, 中国, 写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • ロシアの港湾都市、カリーニングラードにあるケーニヒスベルク大聖堂
    アップデート: 2020年08月12日 19:50
    2020年08月12日 19:50

    トリップアドバイザーが選ぶ最高の旅行先 日本からもランクイン

    世界最大の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー(TripAdvisor)」は、同サイトで最も栄誉あるアワード「トラベラーズチョイス ベスト・オブ・ザ・ベスト」を発表。来年話題沸騰間違いなしの世界の25の名所が選ばれた。

    13
  • 7月30日、白浜大浜海水浴場を訪れた少数の行楽客
    アップデート: 2020年08月12日 12:30
    2020年08月12日 12:30

    コロナ禍中のお盆休み 今夏、日本ではどう過ごす?

    日本では、8日からお盆休みが始まった。新型コロナウイルスの感染拡大が続く中での連休となったが、東京近郊では多くの人々が行楽地で過ごす様子が見られた。

    14
  • 8月9日、ベラルーシの首都ミンスクで、大統領選の投票締め切り後、封鎖された通りをスクーターで走る男女
    アップデート: 2020年08月10日 22:55
    2020年08月10日 22:55

    ベラルーシ大統領選 結果めぐり抗議デモ

    ベラルーシで9日に行われた大統領選挙で、現職のルカシェンコ大統領の6選が確実になったことを受け、首都ミンスクをはじめ各都市で市民と警察が衝突した。

    14
  • モーリシャスの沖合で座礁した貨物船わかしお(8月6日撮影)
    アップデート: 2020年08月10日 19:50
    2020年08月10日 19:50

    サンゴ礁の危機 モーリシャス沖での船座礁・重油流出

    インド洋の島国モーリシャスの沖合で先月末、日本の三井商船が所有するパナマ船籍の大型貨物船「わかしお」が座礁し大量の重油が流出した問題で、周辺の海域ではサンゴ礁をはじめとした環境への影響が懸念されている。

    11