11:40 2018年07月16日
アナリスト、米の戦闘機東欧配備計画にロシアの取るべき行動は?

アナリスト、米の戦闘機東欧配備計画にロシアの取るべき行動は?

© Sputnik / Valeriy Melnikov
政治
短縮 URL
0 200

米国の攻撃兵器の東欧諸国配備計画によってロシアとNATO陣営の対立激化は避けられない。ロシアの軍事政治調査センターのウラジーミル・バチュク所長はこうした見解を表した。

「この計画によりロシアは西方面への軍部隊、兵器の補足を行なわざるを得ず、その結果、ロシア、NATO陣営の対立激化は政治面に留まらず、軍事面でも起きてしまう。」

バシュク所長は、ウォールストリート・ジャーナル紙が、米国が大陸での米軍拡大の枠で欧州に戦闘機F22を配備する計画を持っていると報じたことを受けて、こうした見解を表している。

バシュク所長は、F22の配備が追加的な刺激となり、ロシアは第5世代戦闘機T50の開発、供給を早めることになると強調した。バシュク氏は、米国およびその連合国が類似した行動を採った場合、ロシア側には報復手段があると語っている。その一例としてロシア国防省は、米国の装甲軍事機器が東欧に配備された場合、ロシアはイスカンデール型ミサイルをカリニングラード州に追加配備する可能性を排除していない。

関連:

米国、欧州に最新戦闘機配備でロシアを威嚇
「ロシアの脅威」という神話を利用し続ける米国:ペンタゴンに東欧を武装する計画あり
米国人記者:ロシア圧迫は西側の「冷酷な性格」の発露
タグ
EU, 露米関係, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント