13:08 2018年09月25日
ラヴロフ外相

ラヴロフ外相:米国はシリア反政府勢力を支援してシリア情勢を「爆発」させる恐れがある

© Sputnik / Egor Eryomov
政治
短縮 URL
0 131

ロシアのラヴロフ外相はテレビ「ロシア第1チャンネル」で、米国のケリー国務長官に対して、シリア反政府勢力を空から支援するという米国の決定が取り返しのつかない過ちを引き起こし、シリア情勢を「爆発」させる恐れがあると警告したことを明らかにした。

オバマ米大統領は、特別に「訓練を受けた」特殊部隊をシリアへ派遣し、もし特殊部隊がシリア政府軍に押され気味になった場合には、特殊部隊の拠点を空から支援する提案を承認した。

ラヴロフ外相は、「米国は、もし政府軍がこの武装部隊と何らかの軍事衝突に入り、その活動を妨害した場合には、政府軍を攻撃すると発表した。私は、テーブルに座ってシリア軍、武装部隊、そしてクルド人が参加して全てを検討することで合意した方が簡単なのではないかと問いかけた。またイラクのクルド人や軍をテロリストとの共同の戦いに誘い込むのも悪くない。なぜなら『イスラム国(IS)』は、全領土を占領しつつある組織だからだ」と述べ、しかし「残念なことに米国にはその用意がない」と指摘した。

またラヴロフ外相は、「米国は自分たちが準備した戦闘員をシリア軍が攻撃しなければ、シリア軍の拠点を攻撃することはないと語っている。率直に言えば、『間違える』のは非常に簡単だ。思い出してみよう。シリアに米国人はいない。アフガニスタンには米国人がおり、無人機と諜報データを使用したにもかかわらず、アフガニスタンの反政府武装勢力タリバンやテロ組織アルカイダの代わりに結婚式や子供たちが乗ったスクールバスが爆撃されたことがたくさんあった。米国人が『地上』にいない状況で、アフガニスタンで起こったような間違いが起こるのは、非常に簡単なことだと思う。私は米国務長官に、何らかの取り返しのつかないミスが、後に誰もコントロールできないほどのレベルにまで状況を『爆発』させる恐れがあると率直に警告した」と語った。

ラヴロフ外相は、中東の「ホットスポット」に外部から部隊を派遣しようとする試みが良い結果をもたらすことはない、との考えを表した。

 

 

関連:

マスコミ:「イスラム国」が英女王の暗殺を準備している
イスラム国戦士、イラク最高選挙管理委員会職員300人を殺害
ラヴロフ外相、シリアの「イスラム国」対策に2本立てアプローチを提案
イスラム国、シリアの村を襲撃、キリスト教徒数十人を拉致
対「イスラム国」空爆で民間に大きな犠牲、死者数590人を越すか
タグ
セルゲイ・ラブロフ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント