09:15 2020年04月06日
政治
短縮 URL
対「イスラム国」シリアにおけるロシア軍事作戦 (231)
1250
でフォローする

ロシアのラヴロフ外相は12日、テレビNTVのインタビューで、ロシアは米国がシリアで具体的に何をしているのか、またなぜ米国の活動の結果がこれほどわずかなのかもよく分からないと指摘した。

ラヴロフ外相は、次のように語った-

「我々は、米国がシリアで一体何をしているのかを説明する非常に微々たる具体的現象しか目にしていない。そして、なぜこれほどたくさん出撃しているにもかかわらず、このようにわずかな結果しかないのか…私の考えでは、2万5000回も出撃すれば、シリア全土を木っ端微塵にすることができたはずだ」。

トピック
対「イスラム国」シリアにおけるロシア軍事作戦 (231)

関連:

ラヴロフ外相:反「イスラム国」連合の参加者は、優先するものを決めなければならない
ラヴロフ外相:もしかしたら米国の目的はシリアでの政権交代?
タグ
セルゲイ・ラブロフ, シリア, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント