23:19 2021年09月23日
政治
短縮 URL
2270
でフォローする

ロシアのラヴロフ外相は、米国のケリー国務長官と電話会談した中で、CIAのブレナン長官が約束した事、つまり「短期間で」シリアにおける在野勢力とテロリストの間の境界を決めるとした約束を思い出させた。ロシアのセルゲイ・ルィプコフ外務次官が伝えた。

「電話会談では、シリア情勢が討議された。同国では、反政府勢力が、戦闘行動停止体制を台無しにしつつある。ラヴロフ外相は、2月29日にモスクワに来たブレナンCIA長官が、短期間に『健全なシリアの在野勢力』とテログループとを区別すると約束したが、その後7カ月、この義務は果たされなかった、と指摘した。」

ラヴロフ外相とケリー国務長官の電話会談は、29日に実施された。ルィプコフ外務次官によれば、会談は米国側の要請により行われたとのことだ。

関連:

ロシア工兵部隊 シリア・パルミラ遺跡で地雷除去作業完了
シリア:ロシア機 デリゾールの戦闘地域住民のために援助物資を投下
タグ
ロシア, 米国, シリア, セルゲイ・ラブロフ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント