13:15 2018年12月12日
ドナルド・トランプ氏の国際問題担当顧問カーター・ペイジ氏

トランプ氏の補佐官、ロシアの利益に対する無礼な態度を控えるよう米国に警告

© AP Photo / Pavel Golovkin
政治
短縮 URL
2350

ロシアとアメリカの関係に蓄積されている問題を解決するには、相互尊重というシンプルなコンセプトを追求することだ。投資会社グローバル・エネルギー・キャピタル創始者でドナルド・トランプ氏の国際問題担当顧問カーター・ペイジ氏がスプートニクに寄稿した。

既存の問題に対する簡単な解決策は存在しないが、将来的には、ロシアの利益への完全な配慮の欠如じゃロシアと米国の関係の発展にある下降傾向を助長するだけだ、とペイジ氏。

「ロシアはシリア、ウクライナから世界のエネルギー政策に至るまでワシントンの戦略地政学的に最も差し迫った問題の多くを解決する鍵であり、互いの敵対関係に終止符を打ちたいなら、挑発的ではなく、尊重のトーンで行われなければならない」とペイジ氏。

露米関係の関連ニュースはこちらから。

関連:

ラヴロフ外相、ロシアの兵器配備は自国領内、米国の東欧配備とは違う
ラヴロフ外相、米国の行為はテロリストを支援かという疑念を呼ぶ
タグ
米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント