06:54 2020年05月27日
政治
短縮 URL
2316
でフォローする

オランド仏大統領は国連のパン・ギムン事務総長に対し同国の最高勲章であるレジオンドヌール勲章を授与。

今回の授与は2015年12月12日、パリで開催の国連気候変動枠組条約第21回締約国会議で2020年以降の温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」の達成への国連事務総長の大きな貢献を讃えて行なわれたもの。この協定には196カ国が調印した。

レジオンドヌール勲章はナポレオン・ボナパルトによって1802年に制定。この勲章を授与されたということは、受賞者が仏において格別な貢献を成したことを仏が国として最も高く評価し、公式的にそれを讃えて認めたことを示す。

関連:

国連事務総長、何が北朝鮮の決議違反を助長しているかを明かす
一極世界は終わる。国連新事務総長からは決然たる行動が期待される
タグ
国連, フランス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント