07:05 2019年12月15日
ペスコフ報道官:ロシアは制裁問題でのパートナーの良識に期待

ペスコフ報道官:ロシアは制裁問題でのパートナーの良識に期待

© Sputnik / Sergey Guneev
政治
短縮 URL
1120
でフォローする

ロシア政府は、米国の制裁のレトリック延長を残念に思う。ペスコフ大統領報道官は8日、記者団の要望に応じて、ホワイトハウスのジョシュ・アーネスト報道官がシリア情勢を理由にした反露制裁の可能性について述べた声明に対し、次のようにコメントした。

「正直に言えば、あの制裁のレトリックの延長自体をわれわれは残念に思う。また、われわれのパートナーが起きているプロセスの本質を理解しようとせず、その用意がないことも残念に思う。そして、何より、シリア正常化を手伝う能力と準備がないことを、この制裁面での全く根拠のない脅迫に置き換えようとするこの試みは、深い無理解を表している。」

ペスコフ報道官は、良識が勝つことを信じたいと付け加えた。

関連:

カナダの新たな制裁にロシアは報復を約束、露外務省
「プーチンにとっての勝利」西側メディア、ロスネフチ株式売却に反応
タグ
制裁, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント