20:12 2017年10月17日
東京+ 15°C
モスクワ+ 11°C
    プーチン大統領 自分をヒトラーになぞらえたヒラリー発言にコメント

    プーチン大統領 自分をヒトラーになぞらえたヒラリー発言にコメント

    © AFP 2017/ Jewel Samad
    政治
    短縮 URL
    オリバー・ストーン映画監督が『プーチン氏へのインタビュー』を撮影 (17)
    32001223

    プーチン大統領はヒラリー・クリントン元米国務長官が自分をヒトラーになぞらえたことについて、米国の政治家らの活動についてはロシアも様々な比較ができるものの、極端な発言は控えるよう努めているとコメントした。

    スプートニク日本

    プーチン大統領はオリバー・ストーン監督撮影の映画でインタビューに答えた中で、「この発言で我々にとって目新しいことは一切ない。私は彼女を個人的に知っている。彼女はエネルギッシュな女性だ。私たちの側もやろうと思えばいろんな比較はできるが、政治の文化から極端な発言は控えている」と語った。このインタビュー映画はTV「ショータイム」局で放映された。

    2014年3月、CNNの報道でクリントン氏がクリミアのコンテキストでプーチン氏とヒトラーを同列においたことが明らかにされた。クリントン氏はプーチン大統領がロシア人を守る必要性があると語ったことについて東欧に住むドイツ人を祖先とする市民を守らねばならないと言ったヒトラーの行為を想起させると発言していた。

    先の報道によると、プーチン大統領は、米国がロシアの内政情勢を揺さぶるためにテロリストらを利用していると述べた。

    トピック
    オリバー・ストーン映画監督が『プーチン氏へのインタビュー』を撮影 (17)
    タグ
    ヒラリー・クリントン, ウラジーミル・プーチン, 米国, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント