13:00 2018年09月20日
ポロシェンコ大統領の記者会見

ポロシェンコ大統領、米国の武器供給に期待 ロシアは反対

© Sputnik / President of the Ukraine Press-Service
政治
短縮 URL
335

ウクライナのポロシェンコ大統領は25日の同国テレビのインタビューで、米国からの防衛用の武器供給に期待していると表明した。それに対して、ロシア側は反対になった。多数のメデイアが報じた。

クリミア
© Sputnik / Sergey Malgavko
スプートニク日本

同インタビューでポロシェンコ大統領はマティス米国防長官のウクライナ訪問際、武器供給の合意文書に署名できることを望んでいると表明した。

ロシアの国家院の防衛委員会の代表アンドレイ・クラソフ氏はスプートニクに伝えたところによると、ウクライナへの武器供給はミンスク合意を違反すると批判した。

20日にトランプ米大統領と会談したポロシェンコ氏は「(米国とは)防衛用の武器供給に関する事実上の合意文書がある」と発言。一方で致死性のある武器供給の協議はしていないと述べた。

ウクライナのポロシェンコ大統領とトランプ大統領が20日、ホワイトハウスで会談した。結果はしかし、非常にぼんやりとしたものになった。ウクライナメディアは成功を報じているが、これは訪問のための訪問だったのでは、という疑いが浮かんでくる。ウクライナの代表団が追求していた主な目的は、ロシアより先にトランプ大統領と会談することだった。しかし、ウクライナ側の発表によると、米・ウクライナ首脳は全ての問題を詳細に協議し、国家主権や領土保全、独立に対して米国から支援を得たという。

タグ
ドナルド・トランプ, ペトロ・ポロシェンコ, ウクライナ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント