03:42 2017年10月24日
東京+ 15°C
モスクワ+ 1°C
    ラブロフ外相

    ラブロフ外相、米国が北朝鮮を撃たない理由を語る

    © AP Photo/ Craig Ruttle
    政治
    短縮 URL
    414285394

    ロシアのラブロフ外相は、米国が北朝鮮に核兵器があると確信しているため攻撃していないとの見方を示した。

    スプートニク日本

    ラブロフ外相はロシアのテレビ局NTVの番組「今週のまとめ」で、「イラクを米国が攻撃したのはただ、大量破壊兵器がそこに残っていないという100%(確実な)情報があったためだ」と述べた。

    そのため、「米国は北朝鮮に核爆弾があると疑っているどころか、確実に知っているため攻撃しないのだ」と述べた上で、こうした「分析には実質的に全ての人が同意する」ところだと述べた。

    ラブロフ外相は「アナリストがこの分析にすでに目を向けていることを願うが、米国でこの分析(の存在)が判明し認識されなければ、私たちは非常に予測が難しいピークに陥る可能性がある。韓国や北朝鮮、そしてもちろん日本の全く無実な民間人が数十万人、そうでなければ数万人被害を受けるだろう。また、ロシアや中国も隣りにある」との見方を示した。

    関連のニュース

    米大統領補佐官、国連演説で金正恩氏の侮辱を慎むよう依頼していた=メディア報道

    アサンジ氏、北朝鮮破壊との米国の警告にコメント

    水爆実験 北朝鮮のハッタリか?

    タグ
    セルゲイ・ラブロフ, 北朝鮮, 米国, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント