02:33 2017年11月21日
東京+ 4°C
モスクワ+ 2°C
    ロマーノ・プローディ氏

    欧州は米の一方的政策の犠牲になりつつある=伊元首相

    © AP Photo/ Michael Sohn
    政治
    短縮 URL
    1582151

    欧州委員会委員長とイタリア首相を務めたロマーノ・プローディ氏は、欧州が米国の一方的な政策の犠牲になりつつあるとして、米国側から欧州とロシアを分離することは説明不可能な過ちだと述べた。

    スプートニク日本

    プローディ氏は伊ヴェローナで開かれたユーラシア経済フォーラムで演説し、「2012年にはEU諸国への輸出において、ユーラシア経済共同体(EurAsEC)加盟国の割合は8%を超えていたが、現在は4.8%に落ちた。制裁がいかに私たちの関係を変え、どのような害を私たちの提携にもたらしたかに本当に衝撃を受けている」と述べた。

    プローディ氏は「ロシアの東方転換が明らかになった。これには感銘を受ける。私たち欧州はどうやら現在、自身が投票していない政策の犠牲になりつつあるようだ」と強調した。

    ブローディ氏はさらに、「露米間の合意がない限り、中東で平和は達成され得ない。これ(合意)は、平和達成のための単に十分な条件ではなく、必要な条件なのだ」と指摘した。

    ブローディ氏は「私たちは本質的に、この政策に押しつぶされている。私たちは自身のポテンシャルを十分に用いていないと言いたい。米国側から欧州とロシアを分離すること、私の見解では、これは過ちであり、歴史的な展望において完全に説明できない」と強く主張した。

    関連ニュース

    欧州とロシアは対米で1つになる可能性=ドイツ外相

    プーチン大統領 ロシアを1950年代に引き戻そうとする動きがある

    タグ
    経済, 戦争・紛争・対立・外交, 制裁, EU, 米国, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント