14:51 2018年07月21日
トランプ氏、北朝鮮テロ国家再指定 「何年も前に行われるべきだった」

トランプ氏、北朝鮮テロ国家再指定 「何年も前に行われるべきだった」

© AP Photo / Wong Maye-E
政治
短縮 URL
0 103

トランプ米大統領は20日、ホワイトハウスで開いた閣議で、核・ミサイル開発を続ける朝鮮民主主義人民共和国を「テロ支援国家」に再指定したことがわかった。金融制裁の対象となるほか、武器輸出や経済援助が禁止される。再指定は20日付。共同通信が伝えた。

スプートニク日本

財務省は21日に再指定に伴う追加制裁を発表する予定。

トランプ氏は「北朝鮮は核で世界を威嚇しているだけでなく、外国での暗殺など国際テロを繰り返し支援してきた」とし、再指定を「重大な措置」とアピールし「何年も前に行われるべきだった」と語った。また追加制裁によって「犯罪政権を孤立させるため最大限の圧力を加える取り組み」に弾みがつくと主張した。さらに、トランプ氏は「北朝鮮は非合法な核・ミサイル開発と国際テロへの支援をやめなければならない」と求めた。

ティラーソン米国務長官は、北朝鮮の「テロ支援国家」再指定について、今年2月にマレーシアの金正男氏殺害事件で化学兵器が使用されたことを再指定の理由に挙げた。

米政府は1988年に北朝鮮をテロ支援国家に指定したが、ブッシュ(子)政権下の2008年に解除。9年ぶりとなる今回の決定に金正恩政権が反発するのは必至だ。

関連ニュース

トランプ氏、北朝鮮をテロ指定か 来週に発表

北朝鮮 近く大陸弾道ミサイル実験か 韓国諜報部

スーダン政府、北朝鮮との軍事的関係解消 米国が歓迎

タグ
制裁, 北朝鮮, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント