13:07 2018年01月23日
東京+ 8°C
モスクワ-9°C
    ロシアの軍事用ロボット、ネレフタ

    米はAI競争で中露に負けるリスク=CNN

    © 写真: Russian Foundation for Advanced Research Projects in the Defense Industry
    政治
    短縮 URL
    0 82

    米国はロボットと人工知能(AI)のせいで技術進歩においてロシアと中国に負けるリスクがある。CNNのザカリー・コーエン氏がそうした見方を示した。

    スプートニク日本

    コーエン氏は、露中が将来における経済と防衛力発展にとってAIがどれほど重要かを理解していると強調した。

    コーエン氏は、プーチン大統領が以前、世界の覇権がAI開発で先を行く国のものになると述べたことを指摘した。

    コーエン氏はまた、ロシア軍がロボットやドローン破壊システム、レーダー分析をして自ら発射方向と速度、高度を決定できるような巡航ミサイルの開発に取り組んでいることに言及した。

    中国は一方、こうした技術の進展と適用を国家計画における優先課題だと呼んだ。

    しかし、ロバート・ワーク元米国防副長官による最近の報告によると、米国ではAIの発展・導入のための投資が不十分だと感じられる。ワーク氏は、こうした技術が核兵器、航空、コンピュータ、バイオテクノロジーと並んで国家安全の保障において「変革をもたらすもの」になりうるにも関わらず、米国には他国に追いつくためのはっきりとしたプランがないと懸念している。

    関連ニュース

    ロシア、第4++世代戦闘機に搭載の戦闘人工知能について明かす

    ロシアは近い将来、人間とロボットの関係を規制する法の策定に取り組む

    タグ
    戦争・紛争・対立・外交, 人工知能, ロボット, ウラジーミル・プーチン, 米国, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント