16:05 2018年10月21日
露米外相が電話会談 安定化のための対話活性化で合意

露米外相が電話会談 安定化のための対話活性化で合意

© REUTERS / Yuri Gripas
政治
短縮 URL
260

ロシアのラブロフ外相と米国のティラーソン国務長官は電話会談を行い、戦略的安定における問題についての対話を活発にしていくことで合意した。ロシア外務省が伝えた。

スプートニク日本

発表された文書には「ラブロフ氏とティラーソン氏は両国関係の協議で、戦略的安定における喫緊の問題に関する対話を活性化させることで合意した」と記されている。

ロシア外務省によると、電話会談の中で両氏はミンスク合意履行に関するウクライナ情勢など他の国際的なテーマにも触れ、「コンタクトチームと『ノルマンディー形式』の作業に加え、今後の双方の交渉チャンネル始動の重要性が確認された」とした。

関連ニュース

ロシア外相 北朝鮮に対する米国の立場の矛盾を指摘

ロシア外相:ロシアは北朝鮮と米国に対話開始を求める

タグ
露米関係, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント