10:53 2020年12月01日
政治
短縮 URL
1100
でフォローする

ロシア軍に今後数か月の間に改良された戦車T-90Mが導入される。ロシア国防省が発表した。

スプートニク日本

Т-90Mは、ベースモデルのТ-90よりも戦闘能力がはるかに高められた。

主な違いは、近代的な装備システムを搭載した新たな砲塔にある。新しい125ミリ戦車砲は、現代のあらゆるタイプの砲弾を使用することが可能。

また戦車の保護レベルもさらに高められた。

関連ニュース

露国防省:露軍には昨年5000以上の最新の兵器類が供給された

世界各国の最も恐るべき攻撃機

タグ
武器・兵器, ロシア軍, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント