13:40 2021年06月15日
政治
短縮 URL
1100
でフォローする

イランは11日、新たな国産弾道ミサイル「Qadr」を公開した。通信社「Fars」が報じた。

スプートニク日本

射程2千キロのミサイルはイラン革命39周年の記念行事で公開された。ミサイルは複数の標的を攻撃するため分離する弾頭を搭載可能。ミサイルは移動式発射台からもミサイルサイロからも発射できる。レーダーに映らないシステムを搭載している。

記念行事ではまた、新たな改良型短距離ミサイル「Fajr 5」と対戦車誘導ミサイル「Toufan 2-M」がお披露目された。

さらに、実戦配備前の最終試験段階にあるイランの「ファテー」級潜水艦が公開された。

関連ニュース

インド 核弾頭塔載可のアグニIミサイル打ち上げに成功

中国、近代化されたユニークなミサイル「空母キラー」の実験を行う

タグ
武器・兵器, ミサイル, イラン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント