05:39 2018年08月16日
ソ連鉄道、NATOの障害物に

ソ連鉄道、NATOの障害物に

© Depositphotos / Mlehmann
政治
短縮 URL
0 142

ラトビア、リトアニア、エストニアの鉄道は、北大西洋条約機構(NATO)軍移動の際の問題となっている。ウエストポイント米陸軍士官学校の専門家による報告書について、RTテレビが報じた。

スプートニク日本

レールがソ連時代から変わっていないバルト諸国と欧州にある鉄道の異なる規格により、ロシアとの衝突の際、迅速に軍を投入できない。

RTが伝えるところ、報告書は「この不適合は、ドイツやポーランドにあるNATOの大型基地から軍事兵器や軍用品を輸送する鉄道がロシアのレールに適応する車両へと貨物を移し替えるか、トラックで目的地まで運ぶことになることを意味する。どちらの場合も膨大な時間の浪費だけでなく、訓練を受けたスタッフの導入や大量の軍事リソースを要求する」としている。

NATOは2016年から正式にロシア抑え込み戦略を取っており、ポーランドとバルト諸国に大隊を追加配備した。

関連ニュース

中国がバヌアツに軍事基地建設を計画 マスコミ報道

「いずも」型空母化の想定調査、米軍後方支援が目的

タグ
NATO, EU, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント