15:07 2018年11月19日
独戦闘機

独戦闘機の大半、作戦に不適格の報道

© REUTERS / Ruben Sprich
政治
短縮 URL
0 610

ドイツ空軍に配備されている戦闘機「ユーロファイター」128機のうち、大半が軍事作戦への参加に不適格であると、複数の関係者の話としてシュピーゲル誌が伝えている。

スプートニク日本

同誌の情報によれば、その理由は、機体の翼にある特別なセンサー容器に一部問題があることに潜んでいる。これらのセンサーは、敵機の接近を判断することを可能にするもの。

しかし、同誌の指摘によれば、これらの機器の冷却システムにはセンサーの構造から導き出される深刻な欠陥があり、この欠陥が戦闘機を「盲目」にし、その使用の有効性を低下させているという。

「ユーロファイター・タイフーン」は第4世代の多目的戦闘機で、ドイツやイタリア、スペイン、英国、オーストリア、サウジアラビア各国の軍で採用されている。運用開始は2003年。

関連ニュース

米F35にロシア起源の報道

ロシア第5世代戦闘機の着地が撮影される

タグ
武器・兵器, 軍事, 米国, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント