18:41 2018年09月26日
露米外相、電話会談で喫緊の問題を協議 関係改善で一致

露米外相、電話会談で喫緊の問題を協議 関係改善で一致

© Flickr / Sean Ellis
政治
短縮 URL
0 80

ロシアのラブロフ外相とポンペオ米国務長官が30日、電話会談し、シリアやウクライナ情勢などの二国間関係問題について話し合った。

スプートニク日本

ポンペオ氏は、ロシア側が深刻な懸念を呼んでいる問題を解決するため具体的な行動をとる用意があれば、二国間関係を改善したい考えを示し、両氏が対立克服を目指す方針で一致した。

ポンペオ氏が5月国務長官に就任してから露米外相の電話会談は初めてとなった。

この前より、ラブロフ氏は31日、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の平壌入りしたと伝えられた。

関連ニュース

露米はいつ関係改善を始めるのか?

北朝鮮高官が米国入り ポンペオ国務長官と会談へ

タグ
露米関係, セルゲイ・ラブロフ, マイク・ポンペオ, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント