07:18 2018年10月22日
有志連合、シリアとイラクで約940人の一般市民が死亡した責任を認める

米主導の有志連合、シリアとイラクで約940人の一般市民が死亡した責任を認める

© REUTERS / Omar Sanadiki
政治
短縮 URL
0 25

米主導の有志連合の攻撃で、シリアとイラクでは2014年から一般市民939人が死亡した。有志連合の報告書の中で述べられている。

スプートニク日本

広報部の発表では「有志連合は2014年8月から2018年5月末までに計2万9596回の攻撃を行った。利用可能な情報に基づく合同統合任務部隊(CJTF-OIR)の評価によると、この間に少なくとも939人の民間人が有志連合の攻撃によって意図的ではなく殺害された」と述べられている。

米国とその同盟国は2014年8月からシリアとイラクでダーイシュ掃討を目指す作戦を行っている。しかし、シリアでは政府の同意なしに行動している。

関連ニュース

米攻撃船団がシリアに攻撃開始

米有志連合、シリアで村を爆撃 犠牲者も複数

タグ
米国, シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント