21:46 2018年11月16日
トランプ大統領、露米関係の進展に期待

トランプ大統領、露米関係の進展に期待

© Flickr / Sean Ellis
政治
短縮 URL
1130

ドナルド・トランプ米大統領は米テレビ局「CNBC」のインタビューに応じ、ロシア非難に口実を与えるサイバー攻撃を許した米民主党全国委員会を非難した。トランプ大統領はまた、反対勢力による「魔女狩り」のために難しいとされているものの、ロシアとの融和関係構築に期待を示した。

スプートニク日本

同大統領は、「サイバー攻撃は民主党全国委員会だけではなく、共和党全国委員会も受けていた。民主党側が防げなかっただけのことである。民主党は攻撃を許してしまったことを恥じるべきだ」と述べたうえで、「ロシアと仲良くやっていくことはよいことだが、うまくいかない可能性もある。米露関係は魔女狩りに苦しんでいる」との考えを明らかにした。

ロシアによる米大統領選介入、および両国政府で否定されているロシアとトランプ大統領との関係はロバート・ミュラー特別検察官により調査が進められている。「調査」は長期にわたって実施されているものの、介入を証明するものはいまだ見つかっていない。

ロシアはこれまで米大統領選への介入を否定し続けており、ドミトリー・ペスコフ露大統領報道官は介入の疑いを「事実無根」であると主張する。また、セルゲイ・ラブロフ外相は米国、ならびにその他国々の選挙介入を証明する事実は皆無であるとしている。

一方、プーチン大統領はこれを米国における内争と捉え、当該調査の中止と米露関係の進展への期待を示した。

関連ニュース

露米首脳会談は「前向きなシグナル」=フィンランド外相

露米首脳会談「ロシアと折り合いを」=トランプ大統領

タグ
露米関係, ドナルド・トランプ, ウラジーミル・プーチン, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント