09:28 2018年09月22日
ジョン・ボルトン米大統領補佐官

米大統領補佐官 選挙プロセス介入への報復サイバー攻撃を支持

© AP Photo / Evan Vucci
政治
短縮 URL
0 28

ジョン・ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は、米国はサイバー作戦について「防衛」、「攻撃」の両方を除外しないことを明らかにした。ボルトン補佐官はこうした構えについてABCニュースからの取材に、国の「選挙プロセス保全」を目的にしたものと説明している。

スプートニク日本

ボルトン補佐官は、米国政権は選挙のみならず、「広範な米国の脆弱なシステム」をも保護するため、あらゆる可能性を駆使せねばならないとし、これはハッカーが攻撃しうる「政府、民間ビジネス」のコンピューターシステム全般のことを示すと説明した。

ボルトン補佐官の発言は「我々が行っていることには具体的には口にできないことが多くある」と短いコメントにとどまった。

ボルトン氏は、米国はこういったことにほかに「サイバー空間における平和を望んでいる」と語り、そのためには「我々に対してサイバー攻撃をしかけたり、監視していた敵がそうした作戦を行えばずっと高い代価を支払わざるをえないとわかるような抑止ストラクチャーを作らねばならない」と述べた。

関連ニュース

ラブロフ外相、日本の天気への「ロシアの干渉」について冗談

NYT:「ロシア介入」調査開始のきっかけは、トランプ氏の元選挙陣営顧問の飲んだ席での会話だった

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント