16:33 2018年10月20日
アサンジ氏(アーカイブ写真)

エクアドル政府 アサンジ氏を在露大使館外交官に任命するも決定は無効

© Sputnik / Alex Maknoton
政治
短縮 URL
116

内部告発サイト「ウィキリークス」創始者ジュリアン・アサンジ氏をモスクワにある在露エクアドル大使館の外交官に任命する合意が存在したが、この合意は数日の後に撤回された。スプートニクの取材にエクアドル野党パオラ・ビンティミリヤ議員が答えた。

スプートニク日本

この合意は2017年12月19日付けで出されたもので、当時、エクアドル外務次官だったビロン・スアレス氏の署名が入っている。この段階までのアサンジ氏は、在英エクアドル大使館においてエクアドル政府の「特別任務」を引き受けていた。

ビンティミリヤ議員は、エクアドル政府は「アサンジ氏がロンドンのエクアドル外交部の一員になるためにはまず英政府の合意を取り付ける必要があった」と事情を説明している。

ところが英政府がアサンジ氏への外交官の不逮捕特権の身分を認めなかったため、後日、スアレス外相自ら、アサンジ氏をモスクワの大使館の外交官に任命する合意を無効にした。調印からわずか10日後の12月29日のことだった。

アサンジ氏は2012年からロンドンのエクアドル大使館に身を寄せている。アサンジ氏は「ウィキリークス」での自らの活動を理由としたスウェーデン当局による米国への引き渡しの懸念を理由に、エクアドル当局に政治亡命を要請した。

関連ニュース

在英露大使館、アサンジ氏逃亡計画の報道を否定【写真】

行方不明となったアサンジ氏盟友の荷物、漁師が海で発見との報道

タグ
ジュリアン・アサンジ, 英国, ロシア, エクアドル
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント