08:57 2018年11月16日
サイバー空間

米軍、ロシアによる選挙介入を防ぐためにサイバー空間における初の作戦を開始 ニューヨーク・タイムズ

© Sputnik / Kirill Kalinnikov
政治
短縮 URL
126

米サイバー軍が、ロシアによる選挙への介入を目的としたデマの拡散に対抗するために、サイバー空間で初の作戦を開始した。23日、ニューヨーク・タイムズが、消息筋の情報をもとに報じた。

スプートニク日本

同紙は「過去数日間に実施された複数の任務を含む同キャンペーンは、11月の中間選挙を含む米国の選挙を保護するための外国における初めての作戦のようなものである」と指摘している。

またニューヨーク・タイムズは、作戦の標的となったのは、おそらくロシアの諜報機関の職員だと報じている。

消息筋によると、サイバーセキュリティ分野における米国の専門家らが、疑わしいロシア人を数人特定し、その活動を追跡した。なお消息筋は、ロシア人の人数については明らかにしていない。

米国はいまだにロシアが自国の大統領選挙に干渉したとして非難し続けている。一方で米国はそれを証明する明確な証拠をいまだに一切提出していない。それどころかこうした非難に続いて他の西側諸国もEU加盟国の選挙にロシアが干渉しようとしているなどと言いがかりをつけはじめたが、これにも一切の証拠は提出されていない。

関連ニュース

米国土安保長官、スプートニクの閲覧に用心するよう呼びかける

新技術により真実と見分けられないフェイク作成の脅威=RT・スプートニク編集長

タグ
ハッカー, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント