03:56 2018年12月17日
トランプ氏

トランプ大統領 低い支持率はモラー調査のせい

© AP Photo / Evan Vucci
政治
短縮 URL
0 60

トランプ米大統領は、自分の支持率はモラー特別検察官の行うロシアの米大統領選挙「介入」疑惑調査さえなければずっと高いはずだとの確信を表した。この調査をトランプ大統領は「魔女狩り」と呼んでいる。

スプートニク日本

トランプ大統領は自身のツィッターで「もしでっち上げの『ロシア事件』の魔女狩りがなければ、過去2年で我々が勝ち得たこと(税率引き下げ、裁判人事、軍部、退役軍人などの改革)のすべてを考慮すれば、私の支持率はラスムセンの調査が示す50%ではなく75%だったはずだ。これは大統領へのハラスメントだ!」と書いている。

「ラスムセン・レポーツ」の毎年行う調査の結果、米国民のトランプ大統領の支持率は49%、不支持率は50%という数値が示された。

関連ニュース

米財務省の女性職員、「ロシア疑惑」機密データの漏洩で訴追

米大統領選挙ロシア疑惑捜査特別検察官にトランプ氏元コンサルタントとウィキリークスの関係を示唆する音源が送付

タグ
スキャンダル, 事故, 事件, ドナルド・トランプ, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント