17:06 2018年12月15日
女性イスラム教徒のラシダ・トレイブ氏(アーカイブ写真)

女性イスラム教徒議員、トランプ氏に人種差別主義の責任を取らせたい=米政治メディア

© AP Photo / Paul Sancya
政治
短縮 URL
128

中間選挙で下院議員に当選した女性イスラム教徒のラシダ・トレイブ氏は、トランプ米大統領が人種差別主義者だと批判した。米政治メディア「ザ・ヒル」が奉じた。

スプートニク日本

民主党から立候補したトレイブ氏は、トランプ氏のレトリックや政策を考慮すると、トランプ氏が人種差別主義者であることに疑いがないと述べた。その上で、人種差別主義に対して責任を負わせるつもりだと述べた。

トレイブ氏は、11月の中間選挙で当選し、1月から下院議員になる2人の女性イスラム教徒の1人。初めてのパレスチナ系議員でもある。

中間選挙で当選したもう1人の女性イスラム教徒はイルハン・オマール氏。ザ・ヒルは、民主党がしばしばトランプ氏の人種差別的言動を批判して言うと指摘した。

関連ニュース

アフリカ諸国、トランプ氏の「汚い国々」に関する発言を非難

人種差別を理由に解雇の記者 会社に5千万ドルを要求

タグ
スキャンダル, ドナルド・トランプ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント