17:47 2019年05月27日
菅氏、ロシアとの領土問題で日本の立場に変わりはない

菅氏、ロシアとの領土問題で日本の立場に変わりはない

© AFP 2019 / Yoshikazu Tsuno
政治
短縮 URL
166

菅義偉官房長官は15日の記者会見で、露日平和条約締結に向けたロシアのラブロフ外相と河野太郎外相の初会談について、南クリル諸島(北方領土)が日本固有の領土であるという「政府の法的立場に変わりはない」と述べた。

スプートニク日本

菅官房長官は、初会談について「双方の具体的な考え方を議論し、真剣な協議を行った」と述べた。また、ラブロフ外相が全ての南クリル諸島はロシア主権下にあると認めることが平和条約交渉の前提だと主張したことについて「協議内容は対外的に明らかにしないことでロシア側と合意している」と語った。

関連ニュース

ラブロフ外相 日本とのビザ免除制度、完全移行に向け「いかなる障害もない」

露日首脳会談は1月22日に開催=河野外相

ラブロフ、河野・露日外相 平和条約問題交渉を開始

タグ
菅義偉, 河野太郎, セルゲイ・ラブロフ, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント