19:41 2019年08月26日

「韓国の急所突く」 日本の輸出規制はサムスンの半導体製造を麻痺させるおそれがある

© 写真 : Kagenmi
政治
短縮 URL
2169

2日付けの韓国紙大手、朝鮮日報は、産業関係者の情報をもとに、韓国への日本の半導体材料の供給が完全に停止した場合、3~4カ月でサムスンやその他の韓国の電機メーカー大手の半導体製造が麻痺する可能性があると報じた。

スプートニク日本

報道によると、韓国の半導体製造は現在、日本からの供給がなければほぼ不可能だという。現時点で韓国に確保されている半導体材料の備蓄量は最大で3~4か月分。朝鮮日報は、日本は「韓国の急所を突いた」と報じた。

1日、韓国産業通商資源省の朴泰晟貿易投資室長は、日本が韓国向け半導体材料の輸出管理強化を決めたことについて、「断固対応する」と発表、世界貿易機関(WTO)への提訴など、必要な措置をとると強調した。

日本は1日、韓国向け半導体材料の輸出管理を強化すると発表した。新たな規則によると、日本企業は、サムスン電子、SKハイニックス、LGディスプレイなどの企業を含む韓国向けの半導体材料の輸出について、契約ごとに許可を得なければならない。今回の措置は、韓国の裁判所が日本企業に賠償を命じた元徴用工訴訟を巡り、日韓間の信頼関係が崩れたことが背景にあるという。

支払い無いが経済損失あり 元徴用工の賠償請求の結末は?

元徴用工への賠償裁判は勢いを増し続けている。しかし、賠償金支払いの可能性は依然として霧に包まれている。一方で各分野での二国関係へのマイナスの効果はより実感が強まっており、何より韓国自身への深刻な損害が恐れられる。LG経済調査研究所のリー・ジピョング(Lee Ji-pyeong)上級研究員がこの件についてスプートニクに説明した

タグ
韓国, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント