20:47 2019年07月21日
新聞

英米情報機関、プーチン大統領の側近に関するフェイクを準備中

© Fotolia / fragolerosse
政治
短縮 URL
0 211

ロシアのRIAノーボスチ通信が軍事外交関係筋の話として報じたところ、英米の情報機関はプーチン大統領の側近と露国防省上層部の偽情報を準備しており、新たな対露制裁の根拠としてその情報を用いる方針だ。

関係筋は、このキャンペーンが大筋では、2015年に西側メディアでタックスヘイブン(租税回避地)の利用者に関する情報を記したパナマ文書が公開されたことに関連するスキャンダルを繰り返したものだと説明する。

つまり、西側に都合の良い情報を人工的に形成し、国務省と提携した非営利団体を通じてメディア空間にその情報を放出する。その後、これらフェイクニュースがメディアに入る。その荒唐無稽さに関わらず、米ホワイトハウスは新たな制裁措置の根拠としてこれらの情報を利用する。

パナマ文書とは?

独紙「南ドイツ新聞」は、パナマの法律事務所「モサック・フォン セカ」の文書を入手したと発表した。「南ドイツ新聞」 は文書について、 各国の指導者やその側近たちがマネーロンダリングのスキームや税 金逃れに関与していることを物語っていると主張している。

なお文書の真正性は誰によっても確認されていない。「モサック・ フォンセカ」は、文書の信憑性を証明するのを拒否した。

タグ
対露制裁, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント