20:25 2019年10月23日
米国とキューバの旗(アーカイブ写真)

音響攻撃は米外交官の脳を変えた

© AP Photo / Ramon Espinosa
政治
短縮 URL
0 13
でフォローする

ペンシルベニア大の研究チームは、2016年から17年にかけて在ハバナ米大使館で働いていたが、一連の謎の疾病を受けて本国に帰還した米外交官40人の脳をMRIでスキャンした結果を発表した。

ペンシルベニア大の研究チームは、影響を受けた人物の脳と、影響を受けなかった人物の脳をMRIでスキャンし、比較した。在ハバナ米大使館で働いていた男性23人と女性17人の脳を調べたところ、比較対照である他の成人48人と大きく異なっていた。

外交官40人は、同じ量の灰白質を持つ一方、白質が有意に少なく、間脳および小脳にはより多くの白質を有していた。さらに、視力および聴覚の質に影響を及ぼし得る異常も見られた。研究チームによると、確認された特徴は、外傷性脳損傷や脳震盪に見られるものと似ていないが、脳が変化したことは明らかだ。

研究チームは、しかし、そのような変化を引き起こした原因をまだ明らかにしていない。

米外交官に対する「音響攻撃」

2017年秋、米国務省は、在ハバナ米大使館の職員20人以上が特別な機器を使った「音響攻撃」を受けたと発表した。 2017年夏から、米外交官とその家族は、吐き気、めまい、一時的な聴力、視力、記憶の喪失などを訴えてきた。彼らは、外的影響を受けたとして、何らかの音響機器または武器による音による影響である可能性があると述べた。それにもかかわらず、米連邦捜査局(FBI)は「音響攻撃」の証拠を見つけられなかった。

当時のキューバ最高指導者ラウル・カストロ国家評議会議長は、ハバナは米外交官に対する音響攻撃とは関係がないと述べた。

しかし、駐キューバ米外交官の人数は削減された。そしてその後、同じ理由で在中米大使館の職員の人数も削減された。

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント