12:49 2019年12月13日
米情報機関はトランプ氏とウクライナ大統領の会話に懸念を抱いた可能性がある

米情報機関はトランプ氏とウクライナ大統領の会話に懸念を抱いた可能性がある

© AFP 2019 / Nicholas Kamm
政治
短縮 URL
0 22
でフォローする

ワシントン・ポスト紙は、米情報機関がトランプ米大統領とウクライナのゼレンスキー大統領の会話に懸念を抱いた可能性があると報じている。

19日、トランプ大統領がある外国の指導者との会話でなんらかの「約束」をし、それに懸念を抱いた情報機関の職員が内部告発したと報じられた。

なお、本当にゼレンスキー氏に「約束」がなされたのかどうかは確かではなく、その約束とはなんだったのかも正確にはわかっていないが、これは2020年米大統領選挙におけるトランプ氏の主要ライバルで、前回の米大統領選でウクライナと共謀していたとされるジョー・バイデン氏に関する調査をウクライナが支援した場合の米国の対応である可能性があるという。

タグ
米国, ドナルド・トランプ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント