21:24 2020年09月20日
政治
短縮 URL
0 122
でフォローする

ロシア外務省のマリア・ザハロワ公式報道官は12日のブリーフィングで、ウィキリークス創始者ジュリアン・アサンジ氏の容態の急変について、ロシアは深刻な憂慮を抱いているとし、アサンジ氏は十分な医療儲けられず、精神的拷問を受けており、これは政治的虐殺そのものだと厳しく糾弾した。

「ウィキリークス創始者ジュリアン・アサンジ氏の容態が悪化との知らせは深刻な憂慮を呼んでいます。現在、彼は英国の刑務所に収監されています。そこは最も厳格なことで知られるベルマーシュ刑務所です。アサンジ氏への扱いは残酷と分類されています。」

ザハロワ氏は、アサンジ氏は病人でありながら、医療を受ける道を絶たれ、十分な食事も与えられず、絶えず、残酷極まりない拷問を受けていると指摘している。

ザハロワ氏は「国際社会の声はほぼ一致しています。これは、本物のジャーナリズムに従事していた人間に対する正真正銘の虐殺です。最も恐ろしい手段を人間に行使する政治的虐殺そのものです」と力説した。

アサンジ氏の父親のジョン・シプトン氏(80)はアサンジ氏が米国へ送還となった場合、長期で収監される恐れがあり、そうなればアサンジ氏は獄死すると憂慮している。

関連記事

国連特別報告官、アサンジ氏に精神的拷問あったと報告

タグ
ウィキリークス, ジュリアン・アサンジ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント