23:05 2020年06月03日
政治
短縮 URL
0 13
でフォローする

米国のボルトン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は23日、トランプ政権の朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)に対する政策について「失敗している」と表明した。共同通信が伝えた。

ボルトン氏は、自身のツイッターで「米国が北朝鮮に最大の圧力をかけているとの考えは、残念ながら真実ではない」としたうえ、「北朝鮮の核兵器保有は容認できないと言うが、実際の政策と比べると大げさだ」と投稿した。

ボルトン氏の解任

9月、トランプ大統領は、ボルトン氏を国家安全保障問題担当大統領補佐官から解任した。その後、トランプ氏は「ジョン(ボルトン氏)とはよい関係だった。しかし彼は複数の過ちを犯した。彼はリビアと同じように北朝鮮と行動すること提案した」と明かした。アメリカメディアはここ数日、ボルトン氏とマイク・ポンペオ国務長官の間の確執が深刻化していることを伝えていた。

関連ニュース

タグ
ドナルド・トランプ, 米国, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント