16:37 2020年07月05日
政治
短縮 URL
147
でフォローする

米連邦通信委員会(FCC)は、中国の通信機器メーカー華為技術(ファーウェイ)と中興通訊(ZTE)を国家安全保障上の脅威と公式的に明言した。

2019年11月FFCは、米国の通信ネットワークにとって安全保障上の脅威となる企業からの調達を停止させる規制を採択したことから、通信事業で公的補助の「ユニバーサル・サポート基金」を受ける米企業については、ファーウェイおよびZTEとの新規契約が禁止された。

FCCのアジット・パイ委員長は、両社が中国共産党や中国軍部と関係があり、中国の法律で自国の諜報機関との協力が義務付けられていると指摘している。

関連ニュース

タグ
米国, 中国, 中米関係
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント