00:17 2020年12月01日
政治
短縮 URL
155
でフォローする

ドナルド・トランプ米政権は、中国共産党員とその家族の米国への入国禁止を検討している。米ニューヨーク・タイムズ紙(NYT)が、この議論に詳しい4つの情報源を引用し、報じている。

同紙によると、この草案は中国共産党員やその親戚も既存のビザを取り消し、国外追放につながる可能性もあるという。草案の中には、制限の対象は中国人民解放軍人と中国国営企業の経営者になるというものもある。

NYTの情報筋によると、この草案の詳細は承認されておらず、トランプ大統領が最終的にこの案を退ける可能性があるという。

NYTによると、米政権、国務省、国土安全保障省の代表者が入国禁止をめぐる議論に参加している。米政権と国務省は同社の質問への回答を辞退し、国土安全保障省はコメントに応じなかった。

関連記事

タグ
中米関係
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント