05:58 2020年08月15日
政治
短縮 URL
171
でフォローする

中国は、米国が在ヒューストン中国総領事館の閉鎖を命じたことを受け、武漢市にある米領事館の閉鎖を検討している。ロイター通信が情報に詳しい関係者を引用して報じた。

ロイター通信は「情報に詳しいある関係者によると、中国は武漢の米国領事館に対する閉鎖通告を検討している」と報じた

先に中国外務省は、米国が中国に対してヒューストンにある総領事館の閉鎖を命じたと発表した。

中国外務省の汪文斌報道官はこれについて、「中国に対する最近の米国の行動の前代未聞のエスカレーション」と指摘し、中国は必ず合理的な措置を取ると強調した。

また報道官は、ヒューストンの総領事館で職員が機密文書を焼却する際に火災が発生したとの報道について、「ヒューストンの総領事館は通常通り業務を行っている」と述べた。

ロイター通信によると、米国務省のオルタガス報道官は22日、「米国の知的財産権と民間情報を守るため、ヒューストンの中国領事館に閉鎖を求めた」と表明した。

関連ニュース

タグ
中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント