07:29 2021年06月25日
政治
短縮 URL
0 13
でフォローする

2月1日に米国のジョー・バイデン大統領は、同国の外交政策路線について演説を行ない、その計画について明らかにする。NBCニュースが同大統領政権の高位の情報筋を引用し報じた。

報道によれば、バイデン氏は、「世界における米国の地位の回復」を志向する自身の外交政策のビジョンを発表する。情報筋は、これはバイデン大統領のはじめての重要な政策的メッセージとなり、その発表の瞬間から責任が発生するが、このスピーチは、おそらく、国務省を訪れた際に行われると指摘した。その際、バイデン大統領はおそらくアントニー・ブリンケン国務長官と会談し、当機関の職員らとも交流することになる。

情報筋によれば、バイデン大統領は国務省で一連の執行文書に署名を行う。この書簡では、世界の舞台で生じている出来事に米国が新たなアプローチを行なうための努力が表明される。その1つとして、前米政権によって分断された移民家族の再会のため、特定のグループを形成することが予定されている。

関連記事

タグ
米国, ジョー・バイデン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント