09:36 2021年02月28日
政治
短縮 URL
0 21
でフォローする

ロシア外務省は新戦略兵器削減条約(新START条約)の発効に欠かせない、国内のプロセスが完了したことを通知する外交文書を米国大使館との間に交わした。

ロシア外務省の声明には「これにより、同合意は今日、発効した」と書かれている。

延長後の合意の有効期限は2026年2月5日まで。

これより前、ロシアは米国に対し、新START条約の延長の手続きについて通知している。

1月29日、ロシアのプーチン大統領は新START条約をさらに5年延長する文書に署名した。プーチン大統領は両国がこの問題で合意に達したことを正しい方向へ一歩踏み出したと評している。

タグ
軍事, 米国, ロシア, 露米関係
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント