18:43 2021年09月23日
政治
短縮 URL
0 42
でフォローする

日本政府が福島第一原発処理水の海洋放出を決定したことをめぐり、韓国のチョン・ウィヨン(鄭義溶)外相は17日、同国を訪問したケリー米大統領特使(気候変動問題担当)に対し、韓国政府の深刻な憂慮を伝達し、日本への情報公開要求について米国の協調を求めた。産経新聞が報じている。

韓国外務省の発表によると、17日に韓国・ソウル入りしたケリー氏は同日夜にチョン外相と約2時間の会談を行った。チョン外相の協調要請に対するケリー氏の対応については、韓国外務省は言及していない。

一方のケリー氏は18日、記者団に対し、日本政府による処理水の海洋放出決定について「あらゆる選択肢が考慮された結果だと承知している」と語った。韓国側の懸念を共有するかとの質問には、国際原子力機関(IAEA)と日本が「緊密に協力しており、今後も同様であると確信している」と強調、「米国は介入すべきでない」と述べた。

関連ニュース

タグ
米国, 日本, 韓国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント