19:08 2021年08月01日
政治
短縮 URL
0 22
でフォローする

米国上院は2022年北京冬季五輪の外交的ボイコット規定を含めた法案を承認した。

法案は対中国関連の米国政策に関連する。

法案では、「米国の政策は冬季五輪・パラリンピックの外交的ボイコットの実施とウイグル人ジェノサイドを含む中国共産党が続ける人権侵害の中止をアピールすることにある」と指摘する

外交的ボイコットの場合、国家首脳と他の当局代表は五輪への出席を拒否するが、しかし、選手らの出場は可能となる。

法案は米国下院での審議にかけられ、ジョー・バイデン大統領の署名後に効力が発効されることになる。

北京五輪は2022年2月4日から20日の予定で開催される。


以前、2022年北京冬季オリンピック・パラリンピックについて、180の人権団体のグループは、ウイグル人イスラム教徒への弾圧を含む人権侵害を理由にボイコットを呼びかけた

関連ニュース

タグ
中国, 米国, 五輪
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント