17:10 2020年08月10日
オピニオン
  • クロアチアのプリトヴィツェ湖群国立公園。大小16の湖と92の滝を有する
    アップデート: 2020年08月04日 22:10
    2020年08月04日 22:10

    山々に囲まれた世界の美しい湖10選

    ターコイズブルーに輝く湖、標高5000メートルに浮かぶ天空の湖… などなど、一生に一度は訪れてみたい、世界の山中にある美しい湖10選をスプートニクでご紹介します。

    10
  • 南シナ海の英空母 どんな艦船?目的は?
    アップデート: 2020年07月31日 21:12
    2020年07月31日 21:12

    南シナ海の英空母 どんな艦船?目的は?

    筆者 :

    中国を牽制するため、英国の最新鋭の空母「HMS Queen Elizabeth (R08) 」をトップとする空母打撃群がアジア太平洋地域に派遣されるかもしれない。同空母にはおそらく英国と米国の航空機F-35Bが搭載されるほか、魚雷と空対地ミサイルを搭載できるヘリコプターMerlinも配備される。

  • 勝ち目のない候補 カニエ・ウェスト氏の出馬はバイデン票を割るためだけか
    アップデート: 2020年07月23日 09:10
    2020年07月23日 09:10

    勝ち目のない候補 カニエ・ウェスト氏の出馬はバイデン票を割るためだけか

    筆者 :

    米国で一番裕福なラッパーのカニエ・ウェスト氏は新党「バースデーパーティー(BDY)」の大統領となることを夢見ている。新党の命名の由来についてウェスト氏は「当選した時はみんなに同時に誕生日がきたみたいになるからさ」と説明している。スプートニクはラッパーのスター、ウェスト氏の出馬の真の動機について、また技術的に選挙での勝算のないウェスト氏の出馬で他の候補の誰が得をして勝つのかについて、専門家に見解を尋ねた。

  • 中絶抑制で人口減を食い止める? 対立するロシア政界、中絶件数と費用の関係はいかに
    アップデート: 2020年07月15日 15:25
    2020年07月15日 15:25

    中絶抑制で人口減を食い止める? 対立するロシア政界、中絶件数と費用の関係はいかに

    筆者 :

    大統領直属・子どもの権利全権代表のアンナ・クズネツォワ氏は、5月末に大統領への年間活動報告をまとめた中で、ロシアの人口は4年連続で自然減していると指摘し、中絶を減らす方策について提案した。現行のロシアのシステムでは、公立病院で無料で中絶手術を受けることができる。中絶は医療行為であるため、件数が多ければ多いほど国から病院に多額の治療費が払われる。この仕組みを逆にして、中絶件数が少ない病院に、より多くのお金を回そう、というのがクズネツォワ氏の主張である。またクズネツォワ氏は、現在は薬局で購入できる中絶薬(日本では認可外)の販売を制限するよう提案した。

  • 80億ドルの在日米軍駐留経費負担。これは同盟関係にとって正当なのか?
    アップデート: 2020年07月10日 20:20
    2020年07月10日 20:20

    80億ドルの在日米軍駐留経費負担。これは同盟関係にとって正当なのか?

    筆者 :

    トランプ米大統領は2019年11月、在日米軍駐留経費の日本側負担を年間約20億ドルから約80億ドルに増やすことを日本に要求した(日本には約5万4000人の米兵が駐留している)。これはジョン・ボルトン前米大統領補佐官(国家安全保障担当)が書いた回顧録が出版されて明らかになった。韓国に対しては現在の負担額(年間10億ドル)の5倍の50億ドルが要求された。

  • 日本の研究者が通信社スプートニクに解説 聾唖者が思考を言語化する機器について
    アップデート: 2020年07月09日 23:31
    2020年07月09日 23:31

    日本の研究者が通信社スプートニクに解説 重度運動機能障がい者が思考を言語化する機器について

    筆者 :

    近い将来、言葉や筆記によって自分の感情や要望を表す能力を失った人々が、特別な装置を使って自身の意思を伝えるようになるかもしれない。そのような技術の候補が「ニューロコミュニケーター」である。

  • 安倍内閣の不支持率、過去最高:支持率低下の要因、支持率上昇の鍵は?
    アップデート: 2020年07月04日 09:30
    2020年07月04日 09:30

    安倍内閣の不支持率、過去最高:支持率低下の要因、支持率上昇の鍵は?

    NHKが実施した世論調査によると、安倍内閣の不支持率は2012年12月に第2次安倍内閣が発足して以降、最も高くなった。通信社「スプートニク」は、なぜいま不支持率が最も高いのか、また具体的に何が日本の有権者たちに影響を与え、政府の活動に関する有権者の意見を形成しているのかについて専門家たちの見解を聞いた。

  • 警官
    アップデート: 2020年07月01日 23:40
    2020年07月01日 23:40

    米国の警察改革 民主、共和両党は自己目的にこれをどう利用する?

    筆者 :

    米国で人種差別主義と警察の人権を無視した行為に反対し、大々的に燃え上がった抗議行動は、無秩序状態に達した後、沈静化に向かっている。現在、抗議行動はすでに全米を網羅する規模ではないものの、それでも地域によっては未だにくすぶり続けている。そしてこれらすべてが大統領選挙戦を背景に起きており、所得の減少、コロナウイルスのパンデミックなど、市民間に高まる不安で深刻化している。

    全米で抗議デモ ミネアポリスの黒人男性死亡事件
  • 安倍首相とプーチン大統領(アーカイブ写真)
    アップデート: 2020年06月30日 21:15
    2020年06月30日 21:15

    コロナは日露関係にどう影響? 安倍氏は平和条約締結に間に合うか? 日露専門家の見解

    筆者 : ,

    安倍首相は再三にわたって自分の任期終了までにロシアとの平和条約締結を果たすと言い続けてきている。ところがコロナウイルスが、正確を期せば政府の感染対策が首相の支持率に極めて否定的な影響を及ぼしてしまった。パンデミックで日露関係の発展にも修正が加えられ、様々なレベルでのコンタクトは麻痺状態にある。絶えず変化する情勢の中でどういった状況の進展が期待できるだろうか? スプートニクは日露の専門家に見解を伺った。

  • マスク
    アップデート: 2020年06月30日 10:23
    2020年06月30日 10:23

    ボルシチとピロシキを救え:コロナ下の慈善活動と食事

    筆者 :

    香川県を拠点とする一般社団法人日ロ文化交流推進協会がマスク5000枚を3都府県のロシア料理レストランに寄付した。スプートニクは日ロ文化交流推進協会代表の山地英明さんにロシア料理とコロナ下での慈善活動の決断について話を聞いた。

  • イージスシステム
    アップデート: 2020年06月25日 23:07
    2020年06月25日 23:07

    日本はイージス・アショア導入を断念 米国はどう反応する?

    筆者 :

    日本政府は、米国のミサイル防衛システムであるイージス・アショアを自国の領土に配備する計画を断念した。河野太郎防衛大臣は25日、日本政府が計画を断念したのは、同システムから発射されたミサイルの加速装置が住宅地に落下する恐れがあるためだと説明した。スプートニクは、この日本当局の決定に対して米国政府から今後どのような反応が起こりうるのかについて専門家らに見解を尋ねた。

  • ロシアで射程7kmのライフル開発 その目的と新たな可能性
    アップデート: 2020年06月21日 16:06
    2020年06月21日 16:06

    ロシアで射程7kmのライフル開発 その目的と新たな可能性

    筆者 :

    ロシアの民間の狙撃銃設計局「ロバエフアームズ」社ウラジスラフ・ロバエフCEOは、新型の長距離狙撃ライフルDXL-5を開発すると発表した。この銃は7000メートル先の標的を撃ち抜くことができる。同社はすでに長距離射程ライフルSVLK-14S「スムラク」の開発に成功しており、2018年には世界初の4170メートルの狙撃記録を出している。この記録は現在も破られていない。

  • 歩いてスマホを見ている女性(アーカイブ写真)
    アップデート: 2020年06月18日 23:17
    2020年06月18日 23:17

    「歩きスマホ禁止」神奈川県大和市が全国初の条例案提案へ 日本の他の都市も導入されるのか?

    筆者 :

    神奈川県大和市は6月1日、歩きながらスマートフォンを操作することを禁止する条例案を市議会に提出した。このような条例は日本初で、可決されれば7月1日に施行される。しかし、このような制限は本当に必要なのだろうか?効果はあるのだろうか?また、このような禁止措置は、日本の他の都市にも導入されるのだろうか?

  • イージス・アショア
    アップデート: 2020年06月16日 23:20
    2020年06月16日 23:20

    耳を疑ったイージス・アショア配備計画停止「白紙撤回を引き出すまでは油断できない」

    筆者 :

    15日、河野太郎防衛相は、秋田県と山口県で進めてきた地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」配備計画の停止を表明した。秋田県における配備予定地は陸上自衛隊新屋演習場で、住宅街に非常に隣接していることから、住民の間には懸念が広がっていた。また、ちょうど一年前には、住民説明会における防衛省職員の居眠りや調査報告書のミスが重なり、国に対する不信感が高まっていた。

  • OPECプラス
    アップデート: 2020年06月13日 04:00
    2020年06月13日 04:00

    OPECプラス減産合意延長:米シェール企業は警戒すべきか

    筆者 :

    新型コロナウイルス蔓延により世界経済は大きく落ち込んだ。しかし多くの国では制限措置が解除されたことで製造も回復し始め、それとともに石油需要も回復しつつある。このことは全て、先日のOPECプラス会合でももちろん考慮されている。同会合では減産合意第1期の結果をまとめ、今後の動きについて方針が定められた。スプートニク通信は、減産合意がどのような結果をもたらしたか、またこの合意の勝者、あるいは逆に損失を被る国はどこなのかを専門家に尋ねた。

  • 米国で抗議
    アップデート: 2020年06月06日 03:02
    2020年06月06日 03:02

    米国の政治家ら 抗議を自身の目的ためにどう活用?

    筆者 :

    すでに2週間にわたって続いている米国の抗議行動は暴動と化した。発端は、ミネソタ州の都市ミネアポリスでアフリカ系米国人のジョージ・フロイド氏が警察官の拘束によって殺害されたことにある。翌日、当地で大規模なデモがはじまり、警察との衝突や破壊行為へと発展。その後、他の州へも広がった。デモは、フロイド氏を窒息させた警察官のデレク・ショービン容疑者が逮捕された後も収ることはなかった。15州で秩序維持を目的に州兵が動員された。

  • 宇宙船「クルードラゴン」打ち上げ成功で露米の宇宙開発競争が復活 両国の利益に
    アップデート: 2020年06月05日 07:00
    2020年06月05日 07:00

    宇宙船「クルードラゴン」打ち上げ成功で露米の宇宙開発競争が復活 両国の利益に

    筆者 :

    米国のスペースシャトル計画が終了した2011年7月以降、ロシアの有人宇宙船「ソユーズ」号が米国やカナダ、日本、その他の国々の宇宙飛行士を国際宇宙ステーション(ISS)に運ぶ唯一の手段となった。2014年、人や物資の独自輸送のため、米航空宇宙局(NASA)は、宇宙開発企業「スペースX」社と航空宇宙企業「ボーイング」社の2つの民間企業と新世代型宇宙船の開発で契約を締結した。

  • トランプ米大統領による対WHO・中国非難:十分な根拠はあるのか
    アップデート: 2020年05月23日 08:05
    2020年05月23日 08:05

    トランプ米大統領による対WHO・中国非難:十分な根拠はあるのか

    筆者 :

    先日、米国のドナルド・トランプ大統領は、WHO(世界保健機関)は中国から独立し、30日以内に米国の求める改革を実施しなければならないと発言した。トランプ大統領は実質上WHOに最後通告を突きつけ、米国の脱退も辞さない構えを見せた。この揺さぶりはどれほど理にかなっているのか、スプートニク通信が専門家に話を聞いた。

  • 7月8日、G20ハンブルクサミット2017での会談(アーカイブ写真)
    アップデート: 2020年05月21日 13:04
    2020年05月21日 13:04

    「日本の中国撤退」どうなる コロナ後の日中関係

    筆者 :

    4月、日本政府は、新型コロナウイルスのパンデミックで毀損したサプライチェーンの回復のための緊急経済対策を採択した。令和2年度補正予算案には、生産拠点を中国から日本に国内回帰させるか、あるいは生産基盤をASEAN諸国に多角化させる日本企業への支援として2,400億円以上が計上された。「日本の中国撤退」はどれほど抜本的なものになるのか?また、今後の日中関係にどのような影響を及ぼすのか?

  • ソウル
    アップデート: 2020年05月21日 09:50
    2020年05月21日 09:50

    ナイトクラブが火元 韓国でコロナ感染拡大が再燃か

    筆者 :

    ソウルのナイトクラブで発生した新型コロナウイルスの拡大は、首都での集団感染としては最大のケースとなった。感染者数は160人を超えたが、拡大は止まる様子もない。ウイルスはすでに第4者を通じた感染にまで拡大しており、これまでと同様に多くの潜在的な媒介者は特定できていない。