20:59 2021年06月20日
オピニオン
  • お寺記号
    アップデート: 2021年06月20日 13:20
    2021年06月20日 13:20

    日本の寺院はこの厳しい時代を乗り越えられるのか? 日本人の宗教観はどのように変わったのか? 正覚寺住職が答える

    筆者 :

    かつてお寺は全国各地の地域社会で重要な役割を担い、様々な集いの場でもあった。しかし、人口減少と地方の過疎化で寺院は消滅の危機にさらされている。さらにコロナ禍がこのトレンドに拍車をかけている。日本の寺院はこの厳しい時代を乗り越えられるのか?日本人の宗教観はどのように変わったのか?鵜飼秀徳氏(ジャーナリスト/正覚寺住職/良いお寺研究会代表理事/東京農業大学・佛教大学 非常勤講師)が外国ジャーナリスト向けのブリーフィングで語った。

  • 日韓協力
    アップデート: 2021年06月06日 07:10
    2021年06月06日 07:10

    経済が日本と韓国を近づける―最近の世論調査に見る日韓の関係

    筆者 :

    韓国の民間シンクタンク「韓国経済研究院」が日韓両国民を対象に実施した世論調査では、相手の国に好感を持つと答えたのは日本人、韓国人いずれも10人に2人だけであるものの、多くの国民が両国の関係改善を望んでいることが分かった。コリア・ビズワイアーが報じた。

  • アップデート: 2021年05月19日 18:05
    2021年05月19日 18:05

    ヒッチハイクで日本縦断  600キロメートルをタダで移動したロシア人女性

    筆者 :

    経験豊富なヒッチハイカーのあいだでは、世界にはヒッチハイク向きの人気の国もあれば、ヒッチハイクなんて聞いたこともないという国もあるのは常識だ。日本はヒッチハイクがあまり普及していない国である。それにもかかわらず、シベリア出身の写真家で旅行家のリタ・ティモフェエワさんは3週間の日本旅行の移動手段にヒッチハイクを選んだ。はたしてどんな旅になったのか?日本がヒッチハイクの固定概念を打ち破ったのはどうしてか?スプートニクがお伝えする。

  • CV-22 オスプレイ
    アップデート: 2021年05月16日 11:00
    2021年05月16日 11:00

    「平和と安定だけでなく、経済協力にも損害与える」 九州で実施される日米仏の共同訓練について専門家に聞く

    5月11日から17日にかけて、日本、米国、フランス、オーストラリアが共同訓練を実施している。九州本土と東シナ海で行われている演習は、敵に占拠された離島の奪還などを想定したもので、戦闘機や艦艇の制圧、ヘリコプターを使った部隊の上陸、市街地での戦闘に臨む訓練などが行われている。フランス軍がこのような共同訓練に参加するのはこれが初めてとなっている。

  • 日本の旗とロシアの旗
    アップデート: 2021年05月05日 21:43
    2021年05月05日 21:43

    北極における露日協力の潜在力について 日本の専門家に聞く

    筆者 :

    4月21日、ウラジーミル・プーチン大統領は、連邦議会への年次教書演説の中で、北極の豊富な天然資源を開発する重要性について強調した。一方、日本でも最近、この地域への関心が高まっている。これは今後の露日協力の新たな分野となるのだろうか?ロシア問題の専門家、石川一洋氏にお話を伺った。

  • 日本の新型砕氷船は学術のためではなく、地政学的に必要なもの
    アップデート: 2021年04月21日 20:17
    2021年04月21日 20:17

    日本の新型砕氷船は学術のためではなく、地政学的に必要なもの

    筆者 :

    日本の海洋研究開発機構(JAMSTEC)は、2021年に新型砕氷船の建造を開始する。これは北極海の観測を目的としたもので、総建造費は335億円と発表されている。主要な国々が北極海へのますます高い関心を持つようになり、地域における影響力に対する国際的な競争が予想される中、砕氷船によって得られるデータは、高い割合で、学術研究ではなく、潜水艦にとって有益なものとなる可能性がある。

  • 月に約210回の地震 日本で再び大きな地震は発生するのか?
    アップデート: 2021年04月14日 12:52
    2021年04月14日 12:52

    月に約210回の地震 日本で再び大きな地震は発生するのか?

    筆者 :

    鹿児島県のトカラ列島近海では4月9日以降、地震が相次ぎ、震度1以上の地震が約210回観測された。このうち2回はマグニチュード5強だった。「スプートニク」は、この地震活動や新たに大きな地震が発生する可能性について専門家に話を聞いた。

  • 日米の共同訓練は尖閣防衛だけを目的としているのか?
    アップデート: 2021年04月07日 13:10
    2021年04月07日 13:10

    日米の共同訓練は尖閣防衛だけを目的としているのか?

    筆者 :

    日本の自衛隊は、2021年9月から11月にかけて、沖縄県尖閣諸島への中国の力による現状変更の試みを牽制するため、大規模な日米共同訓練を実施する。

  • ミハイル・コリヤダー
    アップデート: 2021年03月24日 12:49
    2021年03月24日 12:49

    フィギュア世界選手権男子 羽生、チェン以外に表彰台に上がるのは誰か?

    筆者 :

    ストックホルムのフィギュア世界選手権男子シングル。ここには疑う余地もなく2人のリーダーが君臨している。五輪2冠の羽生結弦(26)と世界選手権2冠のネイサン・チェン選手(21)のふたりが金、銀を分け合うことになるのは間違いない。だが銅メダルの行方となると不透明だ。これにロシアは、経験豊富な選手と活きのいい若手と、一気に2つの駒で賭けに出る。

    2021年世界フィギュアスケート選手権
  • メーガン妃
    アップデート: 2021年03月17日 07:12
    2021年03月17日 07:12

    メーガン妃はトランプ氏の言うほど政治家には不向きか?

    筆者 :

    オプラ・ウィンフィリー氏からの暴露取材に答えたサセックス公爵夫人のメーガン妃(メーガン・マークル氏)。専門家らの間には、彼女がこの取材後、祖国米国で政治家としてキャリアアップするあらゆるチャンスを手にしているという声があげられている。人種差別、暴力とこれほど痛みを伴うテーマを真っ向から発言しようとするメーガン妃の明確な意思が米国の世論を惹きつけている。プレスでは、次期米大統領のポストも含め、彼女の政治家としての将来性を真剣に検証されはじめた。

  • アップデート: 2021年03月15日 20:53
    2021年03月15日 20:53

    露アニメーション、日本で開催のアニメーション映画祭で特別賞を受賞

    ロシアの短編アニメーション『ランマニア(Runmania)』(ダリア・ストルベツォワ監督、2019年)が、今年で8回目の開催となる国際アニメーション映画祭「東京アニメアワードフェスティバル 2021」(TAAF2021)で特別賞の豊島区長賞を受賞した。ロシアのマスコミが報じた。

  • 福島第一原子力発電所
    アップデート: 2021年03月06日 20:19
    2021年03月06日 20:19

    「原子力の将来は暗い」 2050年「カーボン・ニュートラル」と日本のエネルギー政策について専門家が語る

    筆者 :

    昨年の10月、菅首相は2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指すことを宣言したが、この目標はどの程度、実現可能なものなのだろうか?10年前に起きた福島第一原発事故の後、原子力に対する信頼が失われた今、日本政府はどのようなエネルギー政策をとっていくのだろうか?再生可能エネルギーは日本を救うものとなるのだろうか?政府の総合資源エネルギー調査会基本政策分科会委員を務め、エネルギー政策議論の中心で活躍されている橘川武郎教授が、外国人記者を前にしたブリーフィング会見で、これらの疑問に答えた。

  • 北朝鮮の旗
    アップデート: 2021年03月06日 15:16
    2021年03月06日 15:16

    韓流ドラマで銃殺刑?!韓国のあらゆるものを禁止する北朝鮮の新たな法律はなんのために必要なのか?

    筆者 :

    韓流ドラマを見たら収監、仲間に見せたら最高刑。韓国の野党議員が、北朝鮮の諜報部からの情報として、北朝鮮で採択された「反動思想と反動文化の排撃法」という新たな法について報告を行った。この新たな法は2020年12月、反社会主義的傾向を「悪性腫瘍」と名付けた金正恩朝鮮労働党委員長の呼びかけによって、採択されたものである。

  • 徳仁天皇
    アップデート: 2021年02月23日 10:00
    2021年02月23日 10:00

    「象徴天皇制にとって危機の時代」 新型コロナウイルスが徳仁天皇の活動に与えた影響を日本の専門家が語った

    筆者 :

    今日、2月23日、徳仁天皇が61歳の誕生日を迎えられる。国内の新型コロナウイルス感染症の拡大状況を踏まえ、天皇誕生日一般参賀は2年連続で中止となった。天皇陛下にとって、昨年はどんな1年だったのか?新型コロナウイルスは天皇陛下の活動にどのような影響を与えたのか?そして、今後はどうなるのか?スプートニクが日本の専門家に話を聞いた。

  • そうりゅう型潜水艦
    アップデート: 2021年02月10日 19:39
    2021年02月10日 19:39

    潜水艦「そうりゅう」の事故は誇張されすぎている?

    筆者 :

    日本の海上自衛隊の潜水艦「そうりゅう」が、2021年2月8日午前、高知県足摺岬沖で貨物船と衝突し、大きく取り上げられているが、報道は誇張されすぎではないだろうか。たとえば、米シンクタンク、ランド研究所のアナリストで海軍士官のブラッドリー・マーティン氏は、そうりゅうは衝突の後、潜航できない状態であるとの見方を示した。また潜水艦の船員らが十分に訓練されていなかったのではないかとの見解も出ている。

  • クーデターに対する抗議行動
    アップデート: 2021年02月08日 18:03
    2021年02月08日 18:03

    ミャンマーのクーデター 紛争の本質は一体何なのか? 日本はこの情勢に影響を与えることはできるのか?

    筆者 :

    ミャンマーでは、国軍がクーデターを起こし、国際社会の大きな注目を集めている。首都ネピドーでは何が起きているのか?そしてこのクーデターは日本となんらかの関係があるのか?日本はこの情勢に影響を及ぼすことができるのか?スプートニクが調査した。

    ミャンマーでのクーデター
  • 森元首相
    アップデート: 2021年02月06日 07:54
    2021年02月06日 07:54

    「私は日本人女性。この狂った年寄りを私たちは絶対に許さない」 森会長の性差別発言が社会を憤怒

    筆者 :

    東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)はここ数日、SNS、マスコミ界でアンチヒーローだ。森氏は2月3日の日本オリンピック委員会(JOC)の臨時評議員会で女性への性差別的発言を行っておきながら、その後、辞任を要請する声が高まるとこれに激怒した。社会は女性をバッシングから擁護できるのだろうか、日本の高官らの抱える、ぬぐい切れない性差別が海外における日本のイメージにどう影響するかについて、スプートニクは検証を試みた。

  • 菅首相
    アップデート: 2021年01月20日 19:30
    2021年01月20日 19:30

    平和条約に関する菅首相の声明 2021年、露日関係に進展は見られるか? 日本の専門家に聞く

    筆者 :

    1月18日、日本の菅義偉首相は就任後初の国会で施政方針演説を行い、その中で、平和条約を含む日露関係全体を発展させることが重要だとの認識を示し、北方領土は次世代に先送りせず、終止符を打たねばならないと述べた。これは2021年、露日関係において大きな発展が期待できるということなのだろうか?菅首相の外交政策はより積極的なものとなるのだろうか?「スプートニク」からのこうした質問に、ブリーフィング会見を開いた外交・安全保障が専門の神保謙、慶応義塾大学総合政策学部教授は次のように答えている。

  • 「世界の実践に矛盾」 WHOはなぜファイザーだけに「青信号」?
    アップデート: 2021年01月20日 08:03
    2021年01月20日 08:03

    「世界の実践に矛盾」 WHOはなぜファイザーだけに「青信号」?

    コロナウイルスのワクチンをめぐっては矛盾する状況が出来上がっている。世界保健機関(WHO)事務局長は、ワクチンの数は決定的に不足しているというが、実際はあまりにもひどい不公平な配分状態で、富裕国には3900万本があるのに対して、最貧国にはわずか2500万本しか行き渡っていない。一方でWHOが現時点で承認しているワクチンは唯一米ファイザー、独バイオエヌテック社の共同開発のものであり、ロシア、中国の開発には承認は与えられていない。

  • 東京(アーカイブ)
    アップデート: 2021年01月17日 14:13
    2021年01月17日 14:13

    緊急事態宣言は日本経済にどのような影響を与えるのか? ワクチン接種で事態は好転するのか?  専門家に話を聞く

    筆者 :

    日本における新型コロナの感染状況の悪化は、国の経済状況を混迷化し、国民の生活レベルを大きく低下させるものになるとの懸念が出ている。日本は今回の緊急事態宣言による悪影響を最低限に抑えることはできるのだろうか。緊急事態宣言の期限が延長された場合はどうなるのだろうか。また日本が復活を遂げるのにはどれくらいの時間が必要なのだろうか。ニッセイ基礎研究所の斎藤太郎経済調査部長がブリーフィング会見を開き、こうした問いに答えた。

続きを見る