03:17 2017年09月24日
東京+ 19°C
モスクワ+ 14°C
    「ロスコスモス」 インドに共同衛星システム提案の可能性

    「ロスコスモス」 インドに共同衛星システム提案の可能性

    © Sputnik/ Oleg Urusov
    ロシア
    短縮 URL
    0 433130

    ロシアの国営宇宙関連企業「ロスコスモス」は、今日20日に予定されている、ロ印国際委員会会議の中で、インド側に、グローバルな通信衛星システム作りを共同で行ってはどうか、提案する可能性がある。今日、新聞「イズヴェスチヤ」が「ロスコスモス」筋の情報として伝えた。

    報道によれば、ロシア側の提案のもとになるのは、通信衛星「ゴネツ(ロシア語で『飛脚』の意味)」システムの刷新プロジェクトで、大変有望なものであるとの事だ。

    「ロスコスモス」関係者は、新聞「イズヴェスチヤ]記者に次のように伝えた―

    「現在、少なくとも48の人工衛星が、低い軌道上にある。衛星グループの性格は、インドのパートナーあるいは他のBRICS諸国の代表らの希望次第で、変える事ができる。

    刷新された『ゴネツ』は、I ridium や OneWeb.といった衛星システムに比較し得るものだ。衛星間の通信ラインを利用する事によって、世界全体を網羅し、同時に、地球上のどこからもインターネットに高速でアクセスできるようになる。

    会議の最初の非公開部分で『ゴネツ』の責任者であるドミトリイ・バカノフ氏が、新しいシステムについて報告するだろう。」

    なお新聞報道では、バカノフ氏自身は、この件に関する取材でコメントを避けた。「ゴネツ」はもともと、軍事用の衛星通信システムで、コンパクトなデバイスから情報を送る、諜報活動支援用に開発されたものだ。

    タグ
    衛星, 宇宙, インド, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント