20:41 2019年11月17日
アレッポラヴロフ外相

ラヴロフ外相、アレッポ解放時に残虐行為があったとの主張を否定【動画】

© REUTERS / Omar Sanadiki © Sputnik /
1 / 2
ロシア
短縮 URL
1151
でフォローする

ロシアのラヴロフ外相は、アレッポ解放時に残虐行為があったとの主張を虚偽であるとして否定した。いずれの独立した人道組織にも確認されていない情報だという。

「私はアレッポ東部に代表部をもつ独立した人道組織から直接聞いているが、そこで何らかの残虐行為があったとか、応召年齢の人々が拉致されアレッポ東部から出ているとかとは、誰も確認していない」
火曜、国連人権高等弁務官は、シリア政府軍は東部アレッポの解放時、約80人を殺害し、投降した戦闘員は逮捕または射殺された、との情報を明かした。

ラヴロフ外相はまた、アレッポ住民の強制立ち退きという報道を否定した。

またロシア国防省のイーゴリ・コナシェンコフ報道官は、メディアに登場した動画やアレッポのその他のシーンは戦闘員らの特別撮影班が撮ったものだ、と主張した。

関連:

ラブロフ外相、米国はアサド転覆にヌスラ戦線を可愛がっている疑い
アレッポ東部、一昼夜で民間人7千人以上が避難
タグ
シリア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント