10:33 2018年07月19日
プリピャチ

廃墟マニア必見! ロシアのゴーストタウン集【写真】

© REUTERS / Gleb Garanich
ロシア
短縮 URL
0 110

放棄され、その数万の屋根が誰にも必要でなくなったロシアのゴーストタウンだが、ゴーストタウンを訪れ、研究する熱心家により写真がインスタグラムに投稿されている。

スプートニク日本

最も有名なゴーストタウンの1つは、事故が起きたチェルノブイリ原発から2キロに位置するプリピャチだ。プリピャチは1970年、原発建設と合わせて建てられたが、1986年に事故が起き、住民は全て避難した。

カディクチャンはロシア極東マガダン州にあった炭鉱都市だが、2000年に放棄された。以前は石炭採掘企業の関係者が住んでいたが、1996年に爆発が起きて炭鉱が閉鎖。住民は移住のための金をもらい、引っ越した。

ハリメルユー村(ドイツ語で『死の谷の川』の意)は20世紀中旬に建てられたが、1996年に廃墟となった。住民はヴォルクタに移住させられ、村は軍事演習場となった。

もう1つのロシアの幽霊村は、炭鉱の村ピラミダだ。北極圏に位置するスピッツベルゲン島にある。1998年に放棄された。

ピラミダ村では石炭が採られ、およそ1000人が暮らしていた。現在ここは、ソ連の過去の欠片を見学したい観光客が訪れる。

タグ
写真, 観光, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント